カップケーキ・バブル

The Cupcake Bubble(Slate、Daniel Grossからの記事):

ここ何年間のうちで景気バブルの始まりはいつも新しいものだった。ドットコム/テレコムコバブルが住宅/クレジットバブルの道を築いた。はじけたバブルは今度は代替エネルギーへの道を築くかもしれない。しかし私はもっと小さく、目立たない物に目を向けている。それはカップケープバブルである。

現在のリセッションは2007年末に始まった、現在のアメリカの都市でのカップケーキ屋の基盤を作った。多くの人は本当においしいカップケーキの作り方を知っている。それは簡単な商品で安い基本の材料でできる。カップケーキを焼くことは巨額の資本は要求しない。そしておお勢の労働者を雇わなくても比較的簡単に混ぜ合わせられる。3(ダゼン:3X12=36)のカップケーキを焼くのと1ダゼンのカップケーキを焼くのに同じ手間がかかる。それに交通の多い店頭場所のほうが地方の店屋で販売するより安い。そして昨年には、気軽にできるベーキングが都市産業に変わった。

このトレンドは他のトレンドと同じように始まった。ロスとNYで。ロスのSprinklesはカップケーキのベーカリーのビジネスとしては最初で、べバリーヒルズの本店を置きテキサス、アリゾナ、カリフォルニアに5店舗拡大した。追加で16店舗が計画中である。CRUMBSは6年前にマンハッタンのアッパー・ウェスト・サイドで開始し今では2ダゼン(24)店舗を:ロスに5店、NYメトロ地区の高級住宅地区に18構えている;New Canaan, コネクチカット州、West field, NJ, イースト・ハンプトン,NY, そして3店舗が計画中。MAGNOLIA BAKERYは Sex and the Cityで不滅になる存在となり、マンハッタンとWashington DCに3店舗を持っていてカップケーキの販売に乗り出した。Washington Postによると少なくとも6店のカップケーキ・ベーカリーが過去20ヶ月の間に開店した。まだ開店予定の店が何件かあり、Georgetown cupcakeRed Velvetがその内の2つである。

カップケーキのビジネスが成功しているいくつかの理由がある。それらは簡単で明らかで、安い売り歩く商品である。新しい店ではカップケーキ一つに対して$3で販売している。そしてそれらはStarbucksに対して確かに好都合な非難である。Starbucksはほとんど食べられない焼き菓子を産業化した。(コーヒーのチェーンストアでソーセージとエッグ・マッフィンをガラスのケースに1日中置いて付随するマッフィンとスコーンの売り上げを引き下げているに違いないと私は疑う。)そしてそれで私は歴史上なカップケーキのトレンド、財政上、そして最終的な美食法の理由に深く疑問を抱く。

米国ではバブルが形成されるのは良いビジネスアイデアが何十回も資金が出されて起こる。それがアメリカンウェイである。カップケーキは今ではバブルサイクルを抜けていくのすべての兆候を見せている。最初に初めた人たちは緊張し、売り上げが上がり、本格化する。そして急速に拡大する。これが資本があまりないまだ拡張の余地あると考えている2番手3番手に刺激を与える。そうして関連業種のすでに確立している企業が飛び込んでくる。NYではCRUMBSがCupcake truckSweet RevengeBabycakesSugar Sweet Sunshineが参加している。Postにはすでに確立したベーカリーCakeLove, Just Cakes, Furin’s, Best Buns,Baked & Wiredな全て乗り出している。商品市場で何が基本的に運営しているかは、新参者はおなじみの処方をねじった物を提供することによって違いを出す試みをしている。Hello CupcakeはDC地区で、オーガニック、季節、地方の材料に専門化している。Babycakesは完全菜食主義のカップケーキを作っている。

続く。。。The Cupcake Bubble

広告