カリフォルニア州労働年齢40%が失業

サンフランシスコChronicleから:

日曜日に発表されたレポートによると5人に2人のカリフォルニア州の労働年齢者が職を持っていない、過去10年間で一番厳しい雇用市場に挑戦することを強調する。新しい調べによると、この年齢層の雇用水準がこれほど低迷したのは1977年の2月であった。

比較で、現在の全米失業率は9.7%で1983年以来の最悪の水準である。

しかし現在の状況は上記の述べられている5人に2人より悪い。調査ではわずか57.5%のカリフォルニア州の労働年齢が職を持っているGolden State(カリフォルニア州)は全米第4番目に高い失業率である。そして職を持っている人のなかでも以前より状況は悪化している:

労働者の苦労に付け加えて、レポートには、職がまだある人たちでも以前より収入が減って、伸び悩んでいる賃金がインフレの伸びのペースに追いついていかず週間の労働時間を削減されている。

広告