ドイツ銀は原油ノートを除却

Fianancial Timesから:

ドイツ銀行は投資家に原油価格に賭けができる商品の廃止をしている、可能性あるエネルギー投機に対する規制の取り締まりに対するWall Streetで最初のExchange-Traded商品の第一弾となった。

ドイツ銀はそのPowerShares DB Crude Oil Double Long exchange-traded notesを全て買い戻すと言った。それは原油価格の動きに2倍のリターンのレバレージが使われている。昨日の時点でそのノートは$425Mlnあった。

これで実際にドイツ銀がその商品を全廃する前に既存の投資家を買い取ることになる。この動きは他の投資マネジャーの前例を設定することになる。

『それは不吉である。』とIndexUniverse.comのExchange-traded fundのアナリストMatt Hougan氏は言う。『それは最初の不安な気持ちでの出来事を待つことになり、これが最後ではない。』

米CFTCはエネルギー先物に投機のキャップをつけることをもくろんでいる。そしてその会長は取引所によってかけられている現在のシステムの制限に質問を問いかける。

ドイツ銀の商品目論見書(プロスペクタス)には、その価格はWTI原油価格に連動していると書いてあり、それは主にNYMEXで取引されている。その間、SECはレバレージのかかったExchange-traded fundに対して疑問を投げかけていた、それはリスクとリターンを増幅しリテールの投資家に自由に売却される。

この行動を説明するに当たって、ドイツ銀は『ドイツ銀が運用するそのノートのエクスポジャーの取引所が課す制限がノートの条項に説明された規制上の出来事の結果となった。』と言っている。

NYMEXの親会社CMEからのコメントは出ていない。CFTCはドイツ銀のノートに関しての対処は起こしていないと言った。

いくつかのETFとノートのマネージャーはCFTCが審議するにあたり、新たなシェアを作成することを止めている。2週間前にドイツ銀は原油投資のための新たなノートの作成を廃止し、これを一時的停止と呼んでいた。

それとは別に、CFTCは先月に2つのドイツ銀のETFにコーンと小麦の投機リミットからの免除を取り下げた。

ドイツ銀がリスクを運用していていく上で原油のポジション制限を違反したかどうかは確かではない。NYMEXは先物で最終取引日に近づくものだけに制限が課され、商品インデックスファンドが通常保有する期先物にはない。しかしDouble-long oil notesは2010年7月にデリバリーされる先物にヘッジされていたと関係者は言っていた。

広告