マクロ・ヘッジファンドは景気回復のシナリオに対抗して賭ける

Bloombergから:

(Paul Tudor)Jone’s Tudor Investment Corp.,Clarium Capital Management LLC, Horseman Capital Management Ltd.は米国株式に対して弱気の姿勢を取っている。そして債券価格上昇、記録的な政府支出がもう一段の低迷を食い止め相場は下落すると言っている。経済トレンドを追って株式、債券、為替、商品を取引きし収益を上げるマクロ・ファンドで総計$15Blnを運用する企業たちである。

Clariumは、雇用申請をあきらめた失業率とパートタイムで仕事をしフルタイムの仕事が見つからない人数を見ている。Harringtonは、7月失業率は労働省が発表した9.4%と比較してそれらの調整は16%となると言っている。

住宅の数字もみんなが見てるよりばら色ではないとHarringtonは言う。7月の中古住宅販売は前月比で7.2%の上昇を見せた、それには抵当流れにあった物件、フォークロジャーを含むものが全体の31%を占めていた。とNational Association Realtorsが言う。

Mortgage Bankers Associationのレポートによると、住宅ローンで1回以上支払いが滞納しているものが第2四半期で季節調整後で9.24%に上昇し、過去最高となった。

高い失業率、低い賃金、そして全世界に渡る政策設定者の失敗の可能性が2010年に景気成長を鎮圧することになるだろうとTudorは言う。

マクロ・マネージャーの悲観主義は米国政府が昨年の金融危機に対応したことの一部で火がついた。それは根本的原因に対応していないことが要因であると言う。銀行はまだバランスシート上に売りさばくことができない資産を保有している。

『いくつかの重要な構想が短縮されていた。』とTudorは言う。『その結果、不良資産はバランス・シート上に残った。そしてクレジットの成長は長期間に渡り抑制される可能性がある。』

Brevan Howard Managementのようないくつかの企業は、力強い成長の可能性は除外する反面、リセッションは終わりであると見ている。

$24Blnの資産を運用する欧州最大のヘッジファンドBrevan Howard Asset Managementは顧客に、現在の四半期に刺激策の支出が薄れると米国はころぶ可能性がると言っている。

『もし景気回復があったとしても、それは維持はできない』とClariumの最高取締役のKevin Harringtonは言う。『これはどちらかと言うとスキージャンプのリセッションで、短期の刺激策が上昇気流を作成し、それが後には最終的にはより急落を導く。