昔の消費者の『通常』が戻ってくるだろうか?

Bloombergから:

米消費者が買い物をしない事又は買い物を避けることが極度に沈下し、反発するしかない。とCitigroupのチーフ米株式ストラテジストTobias Levkovich氏は言う。

下のチャートは前四半期に消費者の全体の支出に対する消費者が自由に使える商品とサービスの支出は1959年以来どの時期と比べても最小の比率となった。その割合は0.3%下落し、7四半期の内6回目の下落となり全体の15.6%となった。

bbergconsumer

消費者動向は昔の通常に戻る可能性がある。–支出は所得に密接に関連している、借用よりも–それが1950年代から1970年代に主流であったとLevkovich氏は言う。『もし起こればDiscretionary spending(自由に使える支出)ある程度の反発が予想される。』

『いいかげんな消費者は倹約にはならないだろう』と彼はレポートに書いている。繰延需要が生産と雇用増を導くことだろう。

CitigroupによるとDiscretionary Spending(自由に使える支出)には住宅、車、他の耐久財などで3年以上保つ消費を意味する。それに加え、ゲーム、スポーツ商品、花、新聞、雑誌、ホテル、娯楽、、海外旅行が含まれる。

広告