海外ネット資本流入の急落が米国金融市場の破損を先に前兆する。

Le Cafe Americainから:

米国への海外資本流入のピークは明らかに2007年の第2四半期に見られた。ちょうど米国の銀行システムを深いリセッションにに送り込んだ危機の前であった。

2つの事件には関連性があったのか?

$の動向、Treasuryとエイジェンシー債の入札が資本の逃避の前兆がみえ、それがその時にネット海外資本流入がマイナスに転換した。そしてもしどんな理由でも可能性が低いが勢いを増してくると、$と債券、株式が調和して下落、そして外国為替と貴金属以外にどこにも隠れる所がなくなる。

悲しいことに、米国債務担保証券パッケージとそれらのデリバティブは世界中から不良であると見なされてしまった。そしてそれを変えるのにバブルが規則正しく終わりに近づく以外ほとんど何もされていない。残りの資産はほとんどがインサイダーにより分散され、そして価格発見なしに資本分散のメカニズムは相場の見えない手により誘導されている。

netinflow2

残念なことに、ネット・インフロー・データが四半期ごとで、修正の対象となっている。しかし、S&P500が3月からの驚くような反発は、上のグラフには十分に描かれていない、海外資本流入の帰還とは一致していない。

もしその流入が戻ってこなければ、もし米国人のメディアン賃金が増加しなければ、もし金融システムが改定されなければ、もし経済のバランスがサービスと製造セクター、輸入、輸出に戻ってこなければ、維持できる経済回復は実質の生産性の高い経済は見込めないだろう。

米国市場の反発は貨幣化、$の平価切下げ、FedとTreasuryからのWall Streetプログラムのための極端な一連のNew Dealの基づいたものである。

広告