超金持ちが壁にぶち当たる

NY Timesから:

21inequality.600John McAfee氏は借金を払うためにNew Mexicoにある物件を入札に出す予定。彼のの総資産はピーク時の$100Mlnから$4Mlnに下落した。

金持ちはトレンドが永久的に見えているいる間は益々金持ちになっていった。

1970年台には金持ちセクターは他の層との差を大きく広げていった。2006年には、1920年以来から所得がより高所得層に集中した。最近のニュースでよみがえったWall Streetの給与は、たとえ超不景気でさえしょとくの不均等は逆転できないようである。

しかしエコノミストたちは―そしてデータに見え始めてきている―実際にかなりの大きな変化が出始めている。金持ち、グループで、はより金持ちになっていない。過去2年間で、彼は貧乏になっている。そして多くが昔の富の水準と所得にはすぐにもだらないかもしれないだろう。

全ての投資銀行員でリセッション前の水準に回復したのに対して、職をなくした物が何人もいる。―と同様に多くの裕福な投資家が何百万ドルを失った。この結果、エコノミストと他のアナリストたちは、30年間の期間で超金持ちはより裕福となりそしてより多数が今日終わりを迎えている。

金持ちに相対的な苦闘はこの世代で最悪のリセッションに苦しんでいるより裕福でない人たちからの同様はあまり引き出されない。しかしその変化がいくつかの広い範囲にわたる経済問題を持ち上げる。その中には、金持ちにとってのつらい時期は最終的には中堅層と低階級に恩恵を与えるのだろうか、ほとんど全ての他のグループの所得成長が上級層の大幅上昇と同時に起こっていることを考えるならば。率直にいえば、疑問はより良い経済の経済のたとえは上げ潮が全てのボートを引き上げることができるかそれともゼロサムゲームになるのか。

ただ金持ちがどれだけ貧乏になるかは不明である。それは、他の要因のなかで、株価が直近の上昇を継続できるかと議会が金融危機をきっかけに新しい法を通過するかどうか決まることでしょう。最低限でいえることは、金持ちは以前の軌道に戻る事はないだろう。

昨年、アメリカ人の総資産が最低$30Mlnの数が24%下落した。とCapGeminiとMerrill Lynch Wealth Managmentのデータから。月次の株式配当所得、裕福層に集中している、は昨年の夏以来205下落している。政府が1959年に記録を取リ始めてから最大の下落となった。

Bill Gates、Warren E. Buffett,Wal-Martno相続人たち、Googleの創立者は昨年にそれぞれ$1Bln損失を出した。Forbesマガジンから。一つの過酷の例として、John McAfee氏、アンチウイルスのソフトウェアの創立者、はピーク時は$100Mlnの総資産が今では$4Mlnに減ってしまった。McAfee氏は、不動産と株価の同時暴落に不意をつかれすぐに借金を払うために現金が必要なため彼の最後の物件を入札に出そうとしている。

『私は皆目見当がつかない、この二つの崩壊が起きるとは』

富の逆転のいくつかの明らかな兆候は裕福による支出のデータに見つけられる。美術品価格をインデックスにした、Mei Mosesインデックスは過去6ヶ月で32%下落した。NYヤンキースは新しい球場の一番高いチケットを売ることができず価格をさげなければいけなくなった。コロラド州Vailの一地区では、今年上半期には$2Mln以上の住宅はわずか5件しか売られていない、これは2007年の上半期の34件からは大幅下落である。とMDA Dataquickから。NYの裕福な郊外、Bronxvilleの販売高の下落は17件から2件となっている。とColdwell Banker Residential Brokerageから。

『1929年から1979年におよそ50年間に所得分配が平らになった時があった。』とCredit SuisseのエコノミストNeal Soss氏は言う。『80年初期から、所得は平等ではなくなる傾向になっていた。そして私たちは社会がより平等な分配へと動いて入っていると私は思う。』

1950年と1960年台のような比較的平らな所得分配へ戻ると予測しているエコノミストは少ない。確かにその不均等は20世紀ほとんどにあったよりかなり大きな割合で残る可能性が高いと言う。Obama政権はWall Streetに対しての法を完全に書き直す提案は出していないし、上級所得層の所得税を1980年の水準の(Historical Top Tax Rate)70%近くに引き上げることもしていない。

しかしエコノミストたちは、金持ちが失った富はすぐには取り戻す事ができないと見ている。ドット・コムで起きた時のように。すばやい回復が新たな株のバブルのおかげでやってきた。それは2007年に、1920年代又は1990年代のブル・マーケットのどの時点よりどんな測定からもより割高となった。(バブル領域からの下落)今回は、アナリストたちはWall Streetはバブルを作った極端な借り入れの水準にはすぐには戻らないだろうと言う。

金持ちの財政状況の大きな変化が大きな意味合いを持つ。金持ち層の所得と富の下落が過去10年に豊かな寄付金を受けとった一流大学、美術館、その他の設備機関を困難にする。政府―連邦政府、州政府―は苦労するだろう、それも裕福層からの税金に依存してきているからである。

多分、一番の広範囲に渡る疑問は、裕福層への打撃が中堅、下級層にどのような意味ををもたらすかである。金持ち層の一番良く知られているデータはThomas Piketty とEmmanuel Saezの2人のエコノミストによる税務省(IRS)の分析でしょう。(所得と富の不平等)かれらの調査は、1970年末に、最高所得層、1/10,000世帯の最低限はおよそ$2Mlnであった、インフレ調整後、税引き前。2007年にはそれが$11.5Mlnに飛び上がった。

通常の裕福層の増加も大きかった、それほど巨大ではないにしろ。上位1%の最低限は1970年末から2倍となり、およそ$400,000となった。

その反対に、所得メディアン―2007年はおよそ$50,000-はCensusのデータによると20%以下の上昇となった。ほぼ所得分配の底に近い所では所得の上昇はおよそ12%。

あるエコノミストは、対照的なトレンドは影響がないと言っている。もしあれば、それは富の上からの浸透(トリクルダウン)、より少ない慈善活動と消費支出の形で現れてくるだろう。過去100年で金持ちにとって一番の最悪時は1930年初期であった、世界大恐慌の真っ只中。

たのエコノミストたちは直近の上級階級の所得の爆発は他の人たち全てを痛めた、それは経済と政治の権力を比較的少数のグループに集中させた。

『途方もない高い所得層は政治と経済に致命的な影響を与えたと私は思う。』とハーバードのエコノミストLawrence Kats氏は言う。

税務省はまだ2008年と2009年のデータを発表していないが、UC バークレーの教授のSaez氏は金持ちは貧乏になった事は確かであると言う。上位10,000分の1の世帯の所得最低限はどのあたりが予想できるかと言う質問に今では$6Mln~$8Mlnであるという。

その数字が$11Mlnにすばやく戻るには、多分かなり大きな金融バブルが必要であろうと言う。