銀行は不良モーゲージを保有していて、状況は改善されていない

WSJから:

格付け会社、Fitch Rating Ltd.のレポートによると証券にパッケージされたモーゲージの”Cure Rate”(ローンの支払いが滞納した人たちが遅れを取り戻し元のよりよい情勢に戻した割合)が急落したことに注目している。この調査は政府保証のエイジェンシー債とそれらを証券化したものを除く。”Cure Rate”とは滞納しているローンの一部を現在の毎月の支払い状態にもどすこと。

Fitchはプライム・ローンの”Cure Rate”は2000年から2006年平均の45%から7月に6.6%に下落した。Alt-Aローン(サブプライムとプライムの間に入る部門で、通常必要な所得と資産の書類を全て申請しなかった人たちがこの部門に含まれる)の”Cure Rate”は30.2%から4.3%に下落、サブプライムの部門は19.4%から5.3%へ。

『Cure Rateは事実暴落した』とFitch代表取締役Roelof Slump氏は言う。

それは借用者が支払いに追いつこうとする意欲があまりない、フォークロジャーが引き続き大きな問題となっている。Barclays Capitalは2010年中旬までにフォークロジャーになる家は1.15Mlnでピークをつけるだろう、これは7月1日の推測の68万8千件から上方修正である。

それに加えGreg WestonがFitchのコメントに対して基盤となるNY Fedのデータに注目した。そして驚くような事実を見つけている。その一つに、銀行はフォークローズをしていない。その理由として銀行はこれ以上のモーゲージの評価損計上ををしたくない。もう一つの理由として銀行が所有しなければ、税金は住宅保有者の義務となる。

Wetson

このトレンドでは銀行はひどくローンが滞納している借用者のフォークローズに積極的になるだろうと予測されるが、その反対である。次の2つのグラフは銀行が90日以上のローンが滞納しているもの対して何をするかが示されている。

image029

image022

よって銀行はひどく滞納しているAlt-Aのローンの45%を毎月フォークロジャーから20%に減らしている。

そうすると、もし家を持っていて、その家が水面下でも、実際そこに1年は住んでいられる(又は賃貸を収集できる)又は銀行に支払いをしなくても。ローンが十分滞納し銀行がフォークローズする前に3ヶ月はあり、更にもう3ヶ月銀行がフォークロジャーの申請を始め、銀行が実際にその家の差し押さえて保有するのにどれだけ時間がかかるのかは定かではない。

広告