別のヘッジファンドの犠牲者:”Floaters”を通して日系銀行

投稿者: whitegru3

ヘッジファンドは引き続き償還の要求に見合うためにポジションの償却のためかなりの問題を引き起こしている。たとえば今週の金価格の急降下は短期間中に起こり、確かに投資家が大口の自己ポジションを投げているためである。もっと大目の投資家からの償還が今四半期には予測される。金融市場の予想も付かない色々な方面から打撃を受けるだろう。

最新の例を考えて見ると:日本変動利率国債は投売り価格で取引されている。誰がこれの大きなポジションを保有しているのか。

Financail Timesから:ヘッジファンドのパニック売りが44兆円($432Bln)の変動利率日本国債を打撃した。いくつかの償還物は通常デフォルトの危険がある国の水準で取引されている。

“Floaters”(変動利率債)の価格の急落は日系銀行を痛める。予想で10兆円~15兆円の債権を保有する。それらを時価会計で損失を計上しなければいけなくなる。それに株式価格の損失が加わる。

それらの債券は額面価格を大きく下回った水準で取引されている。とアナリストは言う。あるケースでは安くて$1に対して88㌣で取引されており、ヘッジファンドと他のレバレージの高い投資家は債務を払い戻すために保有資産を投げ捨てている。

銀行は過去10年間初旬に変動利率債を買うよう促進されており、アナリストとヘッジファンド曰く、なぜならこれはポートフォリオのリスクを下げるためであった。

『日本にはサブプライム・モーゲージはないが、政府は基本的に自己の銀行のためにサブプライムを築いた。』と大手ロンドンヘッジファンドは言う。

変動利率債の市場は、10年固定債券の市場利回りに基づいて利子が支払われ、スプレッドが差し引かれ、2年前に銀行が売却し始めた時に問題が生じ、ヘッジファンドの購入により助けら安定した。3月に又いくつかのファンドの問題でロンドンのPeloton Partnersの崩壊と Endeavourの大口の損失を含む、でこれにより売り圧力が債券市場に浸透していた。

『Lehman(先月)の衝撃後、状況はもっと深刻になった。』BNP ParibasのストラテジストKoji Shimamoto氏は言う。『流動性はみじめでほとんど買い手がいない。』

財務省は8月に年発行総額を半分に削減し1.2兆円とする。かなりの買い戻しの総額を引き上げ1.4兆円とした。

しかしShimamoto氏は市場の破壊されていくスピードが買い戻しの運用の増加より早いことを指摘した。政府は時価会計制度を緩和する事で銀行を助ける一時的法案を採用することを考慮中である。

『もし変動利率債を時価会計で評価しなければいけないと銀行にとってはよくないがそれによって引き釣りおろされない。』とBarclays CapitalのストラテジストStefan Liiceanu氏は言う。『確かに、日経株式市場の価格が下げるよりは痛手を受けない。これが実質的にTier 2資本に含まれる資本の何兆円もの含み益を取り消してしまった。

債券の価格の下落は利回りの上昇で政府は新発変動利率債により支払いが多くなる。

『もし市場が破壊されたままいると、融資こすとが上がる。』『もし相場が通常に戻れば安い金利でできる。』

広告