家の差し押さえ申請件数は第3四半期に71%増(前年同期比)

投稿者: whitegru3

驚くことは無い、住宅市場前線で暗いニュースが続く。RealtyTracのデータは実際の住宅差し押さえ件数を誇張している。それはおのおのの裁判所への差し押さえの過程での申請を数えているからである。しかし時間とともに活動の比較をするのは役に立つ指標である。

注意したいのは差し押さえの過程を引き伸ばす異なった州での変更内容は申請件数の増加がモゲージ保持者の支払いが衰えていることを低く目に見積もっている。

Bloombergから:米差し押さえ申請件数は第3四半期は前年比で71%増加し住宅価格が下がり史上最高となり、きついモゲージ基準が住宅保有者にとって売却又はリファイナンスするのが難しくなった。(Realty Tracから)

総計765,558の物件が不履行通知をを受け取り、保留で競売の警告又は3Qに差し押さえられた。これは2005年1月に統計が取られ始めてから最高の水準にまで上る。申請件数は前四半期から3%上昇し、8月から9月で12%下落した。これは州の法案で住宅保有者を住宅にとどめ不履行のペースを遅らせたことからでもある。

『景気が衰え、差し押さえが増えてもそれは驚かない。』 とRealtyTracのRick Sharga氏は言う。『給料支払小切手から給料支払小切手ごとで生活している人々仕事をなくすと危険である。それでもっと多くの人が家を失うことになる。』

カリフォルニアの新しい法律で、ここが3Qで差し押さえ申請の27%を占めている、9月の進行を遅らせた。ここでは不履行通知が前月比で51%下落した。ノースキャロライナ州では不履行通知が66%下落。これは立法者が金融業社に住宅保有者に対して追加で45日の通知を与えるよう要求した。

マサチューセッツ州は8月から9月に申請件数が465%上昇した。これは差し押さえを続行する前に90日の通知が必要になるという法律が通過した後である。

夏の一時休止後、不履行は今年の初期の高い水準にもどってきた。と RealtyTracのJames Saccacio氏は言う。

『リセッションの長さはこれがどのようにして雇用に出血してくるかである。)住宅市場の崩壊がフロリダ州98,000職、カリフォルニア州で77,700職が今年の初めから8月までで失われた主な要因である。

3Q の不履行60%が6州で占められており、カリフォルニア州が210,845件の差し押さえ申請で1年前の2倍以上にもなっている。フロリダ前年同月比で2倍以上で127,306件、アリゾナ州は3倍になり40,419件、オハイオ、ミシガン、ネバダ州ではおのおの30,000件以上。

広告