バルチック海運指標は引き続き下落、今では5月の水準から90%下回る、船舶は待機状態。

投稿者: whitegru3

商品価格の底がもう近くに来ているという人もいるにもかかわらず、バルチック海運指標、国際輸送と国際製造業の代理として見られる、は悲鳴を上げながら下落中。BDIは景気活動の傾向において偽陽性の結果と見られているがこの劇的な急落は輸送会社が銀行に他の銀行からの信用状を受け入れることが不可能になっていることが理由の一部となっている。

Bloombergから:バルチック海運指標は商品輸送レートの計測に使われ、昨日ロンドンで6年来の最低水準に下落した。景気成長の衰えが石炭、鉄鉱、鋼鉄を動かす需要が削減された。商品輸送業社は翌6ヶ月の間に破たんし始めるだろう。そして翌2年でかなりの数の輸送業社が破たんする。とFearnley Fonds ASA、海運専門投資銀行は言う。

『商品への需要は確実に衰えている。』とJinpeng International Futures CoのアナリストYu Mengguo氏は言う。『それが価格の崩れに反映してきている。それは今のところ底が見えない。』

商品価格は全世界で暴落、これはグローバル景気の衰えが需要を削減するだろうという憶測が広まる。ロイター/Jefferies CRB Indexは19種の商品価格を追跡記録し、昨日4年来の最安値へ下落した。

バルチック海運指数は9月30日までの3ヶ月で66%下落した。これは取引場がこのデータを収集し始めてから1四半期で最大の下げとなった。商品輸送コストの計測は今月で62%下落し1,221ポイントとなった。5月20日に史上最高値11,793ポイントをつけている。昨日で13日連続の下落となった。

本日もBDIは下落し1149ポイントとなる。これで5月のピークから90%下回った。

Hellenic Shipping Newsの記事から:輸送会社はかろうじてとんとんで船舶は待機状態である。

乾燥貨物輸送業社はグローバル景気と同じ方向に進んでいる:水面下。輸送業社の中では、DryShipsとExcel Maritime Carriersは特に打撃を受けている。なぜなら それらの多額の借金とかなりのスポット市場への露出である。13日目でバルチック海運指標は、乾燥貨物運賃世界40ルートを計測が71ポイント下落し1,221ポイントへ。

BDIは夏季を通じて下落が始まった。そして輸送関連株も一緒に下げた。

『日割り運賃はいくつかの船主のコストを下回ってた。不適当な修復をするより船舶を待機させている。』

Cape-size 船舶の日割りレートは、最大級船舶、は水曜日に5.9%倒れ$9,359となった。Cape-sizaのレートは前週比で49.1%下落し$18,400。

この乾燥貨物輸送の混乱は2項目に責任がある:不振の株式市場と中国の鋼鉄価格でこれが急落している。中国鋼鉄製造業社、石炭と鉄鉱の主要な輸入業社で、生産高を削減し、価格を引き上げようとしている。鉄鉱輸入業社は縮小し、輸送業社は閉ざされた。

市場参加者は乾燥貨物市場は2009年~2010年には悪化するだろうと見ている。それはかなりの新しい船舶の納入が待っているからである。しかしグローバル景気の減退が良い時期の終わりを誰も予想していたより早くこさせた。

最後の抵抗のである船舶解体して鋼鉄として売却するシナリオはもうすでに選択にはならない。くず鉄の買い手は信用状を取得するのに困難であるためである。鋼鉄価格が下がっていることもあり、輸送会社は船舶を解体する事にも気が進まない。『すべてが静止状態である。』

広告