英国:消費者は食品への消費を削減

投稿者: whitegru3

ただ単に消費者は食品支出を削減してるだけでなく、いくつかの食品小売業者は消費者が実際にただ単に安い食べ物ではなくより少ない食品をかっていると信じる。買い物客は経済的になってきている。

Independentから:英国での食品販売は20年以上で始めて下落。消費者は財布の口を硬く閉める。

Office for National Statistics(国家統計局)から厳しい小売売上高が発表され、DSGi、CurrysとPC Worldのチェーン店、Sports Directが悲惨な売上げを発表していた。

小売業社は30年で最悪のクリスマスショッピングシーズンに突進するなかでこのデータが消費者リセッションのスピード加速する光を発散させた。

大部分の食品店の売上高は肉屋から大手スーパーマーケットで9月までの3ヶ月に0.1%下落(前年比)した。これは1986年以来始めてのマイナス圏の突入となった。(国家統計局)

多くの消費者はブランド名の商品からディスカウント店AldiとLidlに変えていることは広く知られており、発表された数字からは実際に食べる食べ物の量を節約していることも示されている。

PricewaterhouseCoopersの小売・消費者のコンサルタントはMark Hudson氏は土壇場の消費者は高価な食品やご馳走だけでなく、食品の廃棄物をも節約している。『これはどれだけ状況が厳しくなってきているか示している。』

広告