Roubini教授は相場一時閉鎖の可能性を予測:

投稿者: whitegru3

Fed,ECB,英国銀行とその他の中銀が流動性を回復させ、銀行の資本構成を変更させるために先月に前例のない手段をとった後、Nouriel Roubini教授は若干見方をやや前より明るくした。彼は官僚が金融市場のシステム的(金融市場全体の)な崩壊は避けたと見なした。しかしひどく長続きするリセッションはもうすぐに起こりそうだと見ている。

Roubini教授は彼の最後の発言をひっくり返したように見え、今ではヘッジファンドのマージン・コール、償還、清算でシステム的なリスクが高まっており、官僚は金融市場を強制的に閉鎖しなければいけなくなるかもしれない。注意したいのはこれは新しい思考では無い。先月の混乱の中で、特に10月6日の週に、投資の専門家たちは静かに短期相場の閉鎖について話し合っていた。

Bloombergから:何百ものヘッジファンドが破たんする、立案者は1週間又はそれ以上金融市場を閉鎖しなければいけなくなるかもしれない。この危機が投資家に無理やり資産を投げ捨てさせている。とNY大学教授Nouriel Roubini氏は言う。

『私たちは完全なパニック状態に達した。』Roubini教授は2006年に金融危機を予測し、本日のロンドンで行われているヘッジファンド会議語る。『多額の資産の投げ捨てがあるだろう』そして『何百ものヘッジファンドがつぶれる』といっている。

『システムリスクだんだん大きくなってきている。』『大量のヘッジファンドが追い詰められている。』『もし官僚が相場を1~2週間閉鎖するようになっても驚きは無い。』

イタリア首相Silvio Berlusconi は10月10日の国債市場には慌てふためき、最初に世界指導者がグローバル金融取引上を閉鎖することを話し合ったが、そういう意味合いは無いと後で言っていた。

『正確なダーウィン説の風習で、多くの多くのヘッジファンドは消えていくだけである。』

『新興国でも状況は大変醜くなってきている。』『よく言われる、米国がくしゃみをすると、残りの世界が風邪をひく。不幸な事に、今回は米国はくしゃみをしているだけではない、ひどい慢性の長続きする肺炎にかかっている。新興国でひどく厄介なってくる。』

発展途上国の借り入れコストが本日6年来のたかい水準に上昇した。ベラルーシがハンガリー、ウクライナ、パキスタンに合流し凍結したマネーマーケットと商品市場の暴落を乗り越えるためにIMFからの援助を探す。アルゼンチンは過去10年間で2度目のデフォルトのリスクが高まってきている。

『新興国でおよそ数十国がひどい財政困難にある。』Roubini氏は言う。『たとえ小規模な国でもグローバル景気のシステム的影響がある。』『IMFはそれらの国を援助するのに充分な資金がない。』

Roubini教授は元財務省のアドバイザーで、今月最初に世界最大の景気は40年間で最悪のリセッションに苦しむ。』と言っていた。

『これは米国、欧州、今では新興国でも、最悪の金融危機で、これは長いこと見たことが無い。『状況はこれ以上もっと悪化する。わたしは最悪時はこれからやってくるとみている。』

広告