中国は$の主導権に対して非難:(改訂版)

投稿者: whitegru3

中国を中止としたブログと米国のメディアでさえ金融業務においてのべうこくの支配権にいらだちが増え始めてきている。そして$の役目に対して特に不満を訴える。8月のNew Yotk Times には:

Northwestern Universityで中国の中央銀行業務の専門家であるVictor Shih氏は今年の夏に相次ぐ会議で中国を訪れた時に、彼はどれだけの官僚が機関の$資産の損失に腹を立てていたか驚いたといっていた。

彼は官僚が米国のせいにして、討論の的になっている主張は1年前に中国でベストセラーの本になった”Currency War”『通貨戦争』で説明されている。この本の内容には米国がわざと中国に米国の有価証券を買わせ後に価格が暴落するのを知っておきながらとそれとなく言っている。

『多くの中国の政治家、少なくとも中堅の政治家はこれを信じている』とShih氏は言う。

これがBush大統領が翌月に中国とインドを含んで金融サミットを行うことに惑いを感じている人が多い。$の役目と米国が主権者特権悪用している事などが主の議題となる事だろう。われわれは本当に$準備通貨から離れることを速める公開討論会と構造を供給したい?もしこれに疑問があるとしたら、国際輸送会社は請求に他の通貨を使用するところが増えてきている。

ロイターから:中国正面攻撃を発射した。

米国は$の優越を不正に利用して世界の富を略奪した。そして世界は緊急に$の代わりになる他の通貨が必要である。有力な中国の新聞が金曜日に発表した。

People’s Dailyの海外版の第一面の解説でアジア、欧州諸国はまず最初に米$を直接対貿易関係から追放するべきである。自国の通貨だけに依存する。

アジアと欧州の首脳陣との会議は北京で金曜日から始まり、新しい国際金融秩序を設定する事を始めるのにうってつけの機会の場所を設けた。

People’s Dailyは中国与党共産党の公的新聞である。中国言語海外版は元の新聞の少ない発行部数の姉妹紙である。

その表明は党首見方の直接の声とは限らず、しかし解説、最近の意見はWashingtonの景気政策とクレジット危機の影響が残る中世界的な金融優勢に対して中国の軽蔑の合唱が積もりあがってきている。

『パニックの中で米国は米$の主導権を使って全世界の富を略奪したと厳しい現実が人々を導いてきた。』Shanghai’s Tongji Universityの教授Shi Jianxun氏は言う。

Shi氏は前にも米国への批判はどぎつく、他の国は巨額の富を金融危機のために失った。その間Washingtonの唯一の心配は自己の利益を守ることであった。

『$は人々の信頼を失ってきている。世界が民主的にそして合法的にグローバル金融機関として作動し緊急にも米国のグローバル景気リーダーシップと$優勢性を基に国際マネタリー組織を変えなければいけない。』

Shi氏は欧州とアジア間の貿易すべてはユーロ、£、円、元通貨で清算されるべきであると提案した。だけども中国通貨が資本収支に転換でき無いためどのようにしてそのような役目を果たせるかは説明していなかった。

2日間に渡るアジアー欧州会議(ASEM)、27EUメンバー諸国と16アジア諸国は金曜日に開幕を予定した。ほとんどのアナリストは具体的な承諾が出て来るとは予想していないが、Shi氏は重大さを証明することができると言った。

『欧州とアジアがどのようにしてお互いの手を握手して、一緒に米国によって火がつけられた今世紀一度の金融危機に立ち向かうことができるだろうか?どのようにして新しい公平で安全な国際金融秩序を設立することができるであろうか?』

『全世界はこのアジアー欧州会議で金融面での協力し大きな結果を出すのを待っている。』

これは高官の公式な声明ではなく、事実は解説は人目に目立って認められた見方である。

この会議で取られるどんな深刻な政策への明らかな妨害は金曜日の金融相場の大暴落である。中国が過激な政策を取りたいのはわかっているが他の参加者が今$を弱める方針を取ることは全くありそうに無い。それと国際市場がパニック状態にあるため。安定化を損なうどんなニュースと$に疑惑を置くことは滑り止めの役目にはならない。行き詰まっている先進国の中銀へ$の無制限スワップラインを提供することで米国の一時的優位な座にいる。そしてAIGを救済、これが欧州銀行の最低資本規準だます手助けをし保証を提供、(言い換えると、もしAIGがつぶれると大量の欧州銀行が最低資本規準を下回ってしまうことになる、これがインターバンク市場をもっと悪化させるだろう。そう、資本は基本的にうそだが、それを取り除くと状況をもっと悪くする。)

中国は11月にもう一度米国に対して立ち向かうことができる。そして議題を推し進める事ができると堅く決心している。それがたとえ国際金融市場のフレームワークに荒立たせるには最高の時期ではないとしても。

時事通信からは$に対しての違った見方が書いてあった。$の下落に強調している。$は昨日円に対して3%下落。人民元に対してはわずか0.1%であった。

日本と中国の首脳陣たちは金曜日に2国間で$のこの先の急落を止めるために協力することに承諾した。それと米国で始まったグローバル金融危機に打ち勝つことも含めて。

日本の麻生太郎首相は中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席と温家宝(ウェン・チアパオ)首相と相次いで会談し両国は米$が全世界の主要通貨の役割を果たす現在のマネタリーシステムを保持する努力することを確認した。

麻生首相はフー主席に現在の金融危機がこれ以上深入りすることは両国の利益を弱めることになると言った。麻生首相は世界諸国は金融システムを安定化する各自の政策を取らなければいけないと強調した。

フー主席は翌月にWashingtonと開かれる20諸国のグループの緊急サミットに含めて現在の危機に対処するために国通し協力しなければいけないと応答した。

フー主席とウェン首相との会議の後、麻生首相は記者団に日本と中国は$と$ベースの通貨政治体制のこれより先の下落は好んでいない、追加で両国はその通貨政治体制を保持することに貢献するべきである。

$は金曜日にロンドン時間に13年ぶりの安値¥91に急落した。それが中国と日本が前世界最大の外国為替準備金の保有国で神経質にさせた。両国は$建ての有価証券に巨額の投資をしている。

相互の有益な戦略的な関係を強化させるための手段で麻生首相とフー主席は電話での会談を増やスことに承諾した。両者は日本と中国は永久的に隣通しで共通な有益なつながりがあることを確認した。

ウェン首相との会議で麻生首相は中国が消費者が心配している重要性に強調し、中国の食品商品に不信感そして消滅、これは中国食品が有害化学メラミン含み汚染されていた一連の事件に関して言っていた。

WSJには通貨は11月のサミットでは議題では無いと書いてあった。

中国に通貨政策を変更させることを説得させるのは新ブレトン・ウッズ会議の立派な目標となろう。しかし通貨改革は11月15日にBush 政府が主催するサミットの議題では低いところにある。(政府はこの集まりを”G-20 ミティング”と呼んでいる。欧州でブレトン・ウッズIIなどとも呼んでいる人もいるが)英国とフランスの首脳陣たちは、金融規制について話し合いをしたいとせきたてている。どのようにしてレーティング社を修正するか、どのようにして銀行間の透明度を上げるかなど。しかしこれらの仕事は最小限多国間協調が必要になる。

広告