実質景気の逼迫登場:余剰人員削減は急激に上昇。

投稿者: whitegru3

先週にGoldmanが人員削減を発表した時に(3200人、全体の10%)もうすでにどこにも隠れられるところがないことに悟る。

失業保険申請者件数はものすごいペースで増加し、何人かのエコノミストは驚きに唖然としている。これからも実質の景気はものすごい速さで景気下落の勢いを増していることが指摘できる。多くの職、低水準のものでも、企業が特別な過程でのトレーニングを必要とするもの(コンピューター関連の仕事など)は雇用者が社員を首にすることに対して気が進まなかったようで、ある会社は社員を切る前に労働時間を削減をした。今では多くのビジネスは明らかににそんなぜいたくも言っていられなくなっている。

NY Timesから:人員削減がまとまって到来してきた。実情が次々と明らかになってきている危機の第2幕にねじれるように。わずか過去2週間で従業員を削減する意図を発表していた企業のリストは:メルク,Yahoo,GE, ゼロックス,Prat & Whitney,Goldman Sachs, Whirlpool, Bank of America, Alcoa, Coca-Cola,とデトロイトの自動者製造業者とほとんどの航空会社があっている。

11月7日に10月の雇用削減が発表される時、大統領選挙3日後に、多くのエコノミストは数字は20万人を超えるだろうと予測している。現在の失業率6.1%は上昇することだろう。多分大幅上昇になる。

『わたしの見通しは来年末までに8%又は8.5%になると見ている。』Global InsightのチーフエコノミストNigel Gault氏は言う。そうなると1980初期の大不況時以来の高い水準となる。

重要な議題で失業率の数字でよく忘れやすいのが長年に掛けこの数字の集計方法が改定されてきたかである。労働人口のプールに含まれていたある種類の労働者は今では失業率の”ヘッドライン”の数字からは取り除かれている。これはU-3として知られており、U-6がもうひとつの広範囲の失業率の計測(総合失業者、+縁で取り使われた労働者 +経済的理由で採用されたパートタイム労働者総計が一般労働人口+片隅で採用された労働者のの割合である。)。この数字では含みすぎと見る人もいるが広く発表されているU-3よりこれが欧州(EU)諸国で失業者数を定義しているものに近く、9月のU-6 は11%でU-3は6.1%であった。

人員削減の広がりはWallStreet、自動車産業、建築業、航空会社、小売業者で一番明確である。製鋼所、経済の多くのセクターへの納入業社であるが全米29存在する溶鉱炉のうち17を閉鎖している。拡大しつつある危機に調整するために企業国家アメリカが苦闘しこんなにも早く生産高が激減している指標には驚きである。

『先週に大きく過激な方向で注文受注の軟化が見られた。』全米鉄鋼労働組合(United Steelworkers of America)のVP Tom Conway氏hが言う。その業界への人員削減の増加はまだ始まったばかりである。

9月だけで、2269の雇用主がおのおのが50人づつ又はそれ以上の人員を削減した。春と夏からその数字はかなり増えている。そして2001年9月以来の高い数字になった。その時は9/11テロ攻撃の余波と同時に起きたリセッションの時であった。2005年の時の増加はハリケーンKatrinaがらみであった。

金融サービス業界は前年の夏クレジット危機が値付いてから人員を削減している。銀行、投資信託、ヘッジファンド、と他の金融サービス業からは危機がやむ前に30万人が消え去った。このうち3万5千人がNYからである。

現在の失業率は6.1%で4月と比べ1%以上上回っている。そしてこれは戦後の水準ではまだ穏やかである。世界大恐慌以降で一番高かったのは1982年12月の10.8%で景気はひどいリセッションに揺さぶられていた。

広告