ベルリンは金融システムはまだ崩れ落ちるリスクがあると警告:

投稿者: whitegru3

米国の官僚は金融危機と景気成長のありえる軌道を論じるにあたり正直を異常に下回っている。誰も明確に、たとえば銀行危機が生活水準のの引き下げに導くなど、を述べようとしない。消費者はすでにこの悲しい事実には気付いてそれに応じて反応して消費を引き締めている。まるで私たちがピーターパンのティンカー・ベの世界に住んでるようにもしみんなが信じて手をたたけば以前の状態に戻れる。(もちろん米国ではすべてが一番ばら色の条件に置かれ、ありのままの事実は組織には衝撃に来る。)

ドイツはそのようなデリケートな感受性が無い。ドイツの財務大臣は本日率直な警告を発表。

Financial Timesから:グローバル金融市場はまだ崩壊するリスクがある。そして混乱は少なくとも2009年末まで継続するだろう。ドイツ財務大臣Peer Steinbrückが日曜日に警告した。

Steinbrück氏は政府すべて制御しているとなどと主張するうそはドイツ市民には言わない。『崩壊の危険性はまだほど遠い。すべて危険が去ったと呼びかける試みは間違いである。』

その危険がどれくらい継続するかという質問にSteinbrück氏は政府のユーロ500Bln救済パッケージは来年末まで有効であると述べた。『われわれは確実にそれまでは必要である。』Bild-am-Sonntag新聞に答える。

このコメントは、多くのドイツ銀行が政府金融安定化資金を避ける中出された。それにはユーロ400Blnまでのクレジット保証とユーロ80blnまでの銀行資本構成変更で不良資産の購入の選択も含まれている。

広告