モーガンスタンレーはマネーマーケットファンドを補強するために$23Blnを使う。

投稿者: whitegru3

モーガンスタンレーのマネーマーケットファンドは9月に多額の投資家の引き出しにより被害を受けた。そこで資金流出分半分を自社で請け負うことにした。たぶんファンドの資産を崩れている市場で売却するのは価格を押し下げるだけであるという見方であろう。しかしモーガンスタンレーが事実上総計でパーを支払ったポジションはいつでもすぐにその価値が出てくるかが疑問である。それにモーガンスタンレーはこれらの商品のいくつかを最新の政府が提供する設備に駐車しているようである。

Bloombergから:モーガンスタンレーの顧客は先月にマネーマーケット口座からおよそ1/3の現金を引き出した。これからファンドを水面上に浮かしておくために強制的にファンドが保有する有価証券$23Blnを購入しなければいけなかった。

9月の償還は$46Blnで、ほとんどが社債に投資していたファンドからであったと10月9日に声明を出した。モーガンスタンレーは投資家に払いも戻せる充分な現金があるようそれらの資金を異なる有効な安定化設備からの融資を獲得することを確かめた。

モーガンスタンレーは前月にFedによって設定された$3.54兆のマネーマーケット業界を強化するプログラムの内一つ又はそれ以上に頼って来ている。とアナリストは言う。Fedは先月米国で一番古いマネーマーケットファンドであるReserve Primary Fundの損失により壊された投資家の信頼を取り戻すために行動を起した。

『マネーマーケットファンドからの資金流出は前例が無く残酷。』Crane Data LLCの取締役Peter Crane氏は語る。『ブロカーディラーは親会社の不安から特にひどく打撃を受けた。』

モーガンスタンレーのスポークスパーソン Erica Platt 女史は安定化設備がモーガンスタンレーがマネーマーケットファンドから購入した有価証券を融資した主な資金の源であることについてはコメントを拒否した。一番可能性が高い資金の出先はFedで、ここでクレジットクランチを和らげるために少なくとも5つの資金調達設備を設定した。これには9月19日に発表されたマネーマーケットファンドからアセットバック証券を購入し銀行と証券会社に貸し出しする分が含まれている。

この記事には他のいくつかのマネーマーケットファンドは対処できる体制を整えていたと指摘している。

公開されているアセットマネージャーの最大手BlackRock Inc.は9月の最後の2週間で投資家は主要マネーマーケットファンドと有価証券貸付ファンドから$53.8Bln引き出した。9月30日以来、そのファンドは$13.8Blnの資金が戻ってきて償還に見合う資金は手元にあり証券を売却したとスポークスマンBrian Beades氏は言う。

広告