金融危機がペルシア湾岸諸国を打撃:

投稿者: whitegru3

多額の経常黒字でさえその国が堅実な基盤であるとは限らない、日本、中国、ペルシャ湾岸諸国が例証している。

クウェートでは大手銀行は破たん寸前で中銀に救済プランを埋め込むよう導いた。そして銀行預金を保証するよう重視する。

WSJにはクウェートの緊急政策だけではなく、原油価格の急落からの景気脱落と戦うために原油生産国による介入のことも書いてあった。

クウェート中銀は銀行預金を保証した、そしてクウェート最大の銀行の一つを急いで救済策を作り上げた。

クウェートの介入原油資源に恵まれたペルシャ湾岸諸国で最初銀行救済となる。爆発的、石油によって活気付けられたペルシャ湾岸諸国の経済成長は今では突然に不安定に見えてきている、同時に海外、国内投資家は明らかに手を引いている。

サウジアラビア、グローバルクルジット危機の脱落を和らげるために自国市民に明らかな努力、低所得借用者に$2.3Blnを流し込む。そしてドバイで中東のブーム・タウン不動産ブロカーは数年間で初めて価格の軟化の兆しが見られるといっている。融資は干上がり投機筋は一度は超人気の市場から退出している。

海外投資家の多くはこの地区の通貨が$固定を中止したら利益が出るだろうという予測だけでその土地の銀行口座を開設していた。それらは夏の終わりと先月の末に政府が無いもしないと明らかになった時に急いで引き出されていた。

それが多くの銀行を無一文にし、新しいローンを作成するために混乱した。先月に国際資金調達が凍結した時この地区は自国のクレジットクランチに閉じ込められた。

しかし、それは通貨取引で、不良ローンではない、それが日曜日にクウェートを銀行救済に落とし込んだ。Gulf Bank は腐ったユーロダラーデリバティブの取引のカウンタパーティーのデフォルトがその銀行を政府介入を求めるよう強制的にしむいたと言っている。

その救済がクウェートの株式市場を慌てふためかせる、3.5%下落し今年ですでに19%下落に追加した。他のこの地方の市場も急落している。

日曜日にはクウェートのトレーダーは白の式服を身にまといプラカードを振って合図し多くの取引日の中で2度目の株式市場ストライキを行う。(クウェート市場は金曜日と土曜日は休場。)ダウンタウンクウェートCityにある政府の建物の目の前で講義を表し株価を支えるためにもっと政府の介入を要求する。National Bank of KuwaitのCEOのIbrahim Dabdoub氏は日曜日官僚に取引上を閉鎖するよう呼びかけた。

ペルシャ湾岸諸国の財務大臣は土曜日にサウジの首都Riyadhで合い米国と欧州を悩まして今ではペルシャ湾岸で政府と民間融資の計画を脅かすクレジット市場の凍結に一体となって取り組む話し合いを持った。

『民間セクターへの優先に立つ温情主義からも、政府はまだ高度の破たん、デフォルトを許容する準備はできていないように思われる。』とMoody’s Investor ServicesドバイのTristan Cooper氏は言う。

ドバイ不動産市場は下落寸前であるということもこの記事に書いてあった。

APから:

クウェート政府によるGulf Bankの株価取引停止の決断はこの国の取り引き所に衝撃を与えた。

中銀はGulf Bankの株式は損失を生じた未解決のデリバティブ取引の調査のため取引を停止したと言っている。取引所の声明では幾人かの投資家は損失をカバーすることを妨害されたが中銀又はGulf Bankのどちらも銀行の損失の規模と時間帯については表示していない。

しかし、銀行の高官で銀行の損失の推定にアクセスできる人が最高$749Mlnという。この事項の深刻さから高官は匿名を希望。

Gulf Bankのニュースはさらに広範囲のGCCに乱気流で火付けとなり、クウェートだけでなく他のペルシャ湾岸諸国の多くよりとっても小さな国で原油収益にもっと頼っている国にも広まっている。

オマーン株式市場は8.29%下落、カタール取引所は9%下落、サウジのベンチマークTadawulインデックスは前日に8%以上下落した後3.06%下落した。

広告