欧州圏は新興市場の暴落に苦しむ。

投稿者: whitegru3

以前にも話したようにもし新興国からの資本逃避が継続すると欧州金融機関は危険である。欧州は発展途上市場同様に苦しむもうひとつの理由がある。:それらは強い貿易関係があることである。

Bloombergから:欧州経済の密接な新興市場とのつながりが祝福から天罰に変わりつつある。

すでにリセッションの周囲にいる15EU諸国は米国、日本よりもすぐれいた経済が低迷してもっとつらい痛みに面している東の貿易相手、その地域の輸出およそ1/3の取引がある、がそれらの銀行が衰え通貨が下落しよろめき始める。その間に、原油価格下落が中東からの需要が軟化する。

欧州の新興市場下降に対する脆弱性はそれらがどのようにして上昇から恩益を受けたに反映される。それらへの輸出は2006年に大陸全体のGDPの6%と等しかった。これは2000年の4.5%と比べられる。それと米国は4%のみである。Citigroupのエコノミスト Juergen Michels氏は言う。

2004からEUに加入した数十カ国の東欧州諸国は欧州地区の外国需要の15.3%を占め10年前からは1/3も増えている。(ECBのデータ)中国とロシアの貢献はおよそ2倍に増えた。その反対に米国と英国の割合はそれぞれ4%下落し、11.9%と14.5%となった。

『新興国へ高い割合の輸出で、最近の新興市場経済の繁栄から欧州諸国は米国よりもっと恩恵を受けた。』『今ではそれらの下降にもっと露出している。』

欧州経済は来年には1993年以来始めての収縮となるだろうECBは強制的にベンチマークのレートを少なくとも3.75%から2%へ引き下げなければいけなくなる。

Schneider,世界最大の回路(配線・電流)遮断器(ブレーカー)の製造業社4年間の成長後新興国は衰えを見せると予測する。CEOの Jean- Pascal Tricoire 氏は10月22日の声明で言う。Kone、エレベーター製造業社は前日、メキシコ、インド、カタールに渡り投資が軟化し、ロシアは”疑問符”である。

 ING Bank NVのストラテジストGareth Williams氏はもっと多くの企業が収益予測を引き下げてくるだろうと言っている。オーストリア、ポルトガル、スペインの企業が新興市場からの利益が一番多く、アイルランド、ギリシャ、イタリアが一番少ない。とレポートに出した。

東欧州は€圏で突然リスクの中心点となる。 UBS AG のチーフエコノミストStephane Deo氏は言う。ドイツとオランダは一番リスクが高く、旧共産主義圏への輸出がGDPの3.5%を占めている。

ロシアと中東からの活気のある需要は原油価格の下落が購買力を抑制し衰退している。原油価格は2001年から625%上昇し7月に記録$147.27をつけ、原油生産業社は器具をMAN AGのトラックや欧州製の高級商品のGucci Group NVハンドバッグを購入することができた。

その需要は欧州にとって充分強く過去5年間でエネルギー費の2/3は取り戻すことができた。Merrill Lynch & CoのエコノミストKlaus Baader氏は計算する。エネルギーコストの下落国内需要において短期的には良いことであるが、中期間では輸出重要の衰えが欧州経済に重荷となる。

すでに切り詰めていて、$221.8Blnの損失を補う試みをしている欧州銀行はもし新興市場が悪化してくるともっと痛手を受ける事になる。Morgan Stanley のストラテジストStephen Jen氏は言う。

欧州銀行は新興国に$3.5兆貸し出している。これは米国が$500Blnと日本が$200Blnと比べられる。オーストリアとスペインのリスクが特に高い。中国とインドへのローンの内3/4が欧州発である。

『新興市場経済の圧力は欧州銀行にとって特マイナスブーメラン効果がある。』

 

広告