“商品-反$”トレードが戻ってきた?

投稿者: whitegru3

商品市場は水曜日に良い日を迎えた。特に原油は急騰した。Fedの金利引き下げが引き金を引いたように見えたが価格動向は一見見たところ不釣り合い、特にファンダメンタルズが崩れてそれから需要が低迷していることもある。

商品市場突然の情熱の一つの理由に春の終わりと夏の初期の熱狂的な日々のように有形資産が反$トレードを勤め、$が現在の水準はとても高くなってきている。

Financial Timesから:水曜日に商品価格は急上昇し原油価格は1バレルあたり$69以上でトレードされていた。Fedが50Bps引き下げFFターゲットレートを1%に引き下げた後に$は後退した。

Reuters-Jefferies CRB index、商品価格グローバル・ベンチマークでおよそ6%上昇した。エネルギー、金属、農業原料の上昇が要因となった。

小麦~原油~ニッケル~砂糖を通して幾つかの商品価格は1日で10%上昇。しかし地合いは弱くグローバル経済の低迷の不安な中上昇は長続きしないとトレーダーは言っている。

『物理的商品への需要は世界中で急落している、米原油消費は1980年以来のの縮小は最大となっている。』 Merrill Lynch の商品ストラテジストFrancisco Blanch氏は言う。

原油市場、NYMEXのWTI油(12月)は高値$69.24を付けた後$4.77高$67.50で引けた。ICEのBrent油(12月)は高値$67.12を付けた後$5.18高$65.47となった。

最新の米週間エネルギー省在庫統計は混じった結果が出ており$の下落と株式市場の上昇により打ち消された。原油在庫は50万バレル積み増しで予想140万バレルを下回っていた。しかし米原油総合需要は過去4週間で平均日量18.8Mlnバレルとなり前年比で7.8%の下落となった。

ガソリン在庫は150万バレル取り崩しとなった。予想は120万バレル積み増しだった。しかしガソリン需要は継続して弱く過去4週間で平均日量8.93Mlnバレルとなり前年比で3.4%下落となった。

NYMEXのRBOBガソリン(11月)は10.8㌣上昇し$1.5628となった。

米製油所稼働率は0.5%増加し85.3%となり、ハリケーンGustav前8月末につけた88.8%に近づいてきている。

さらに北海、メキシコ、アラスカの成熟した油田での生産高の大幅下落を補給するために20年間に充分な原油生産を積み上げることが困難になるだろうという兆候からも相場を元気ずけた。

HSBCのJames Steel 氏は来週の大統領選挙が金価格の重荷となる、もし新しい大統領が投資家からハネムーン期間を許可され、新しい政府がWhite Houseに入った後に$が上昇すると。

BloombergのCaroline Baumが原油強気のシナリオに冷や水をかける。

3ヶ月前に世界は原油不足になりつつあった。

今では原油はありすぎる。OPECに2年ぶりに生産枠の削減を突っつく。

世界の市場は原油価格をさらに引き下げることで原油供給削減のニュースに反応した。原油価格は金曜日に$3.69下落し$63.22を付け17ヶ月ぶりの安値となった。

どれだけ早く状況が変わっていく?変わった?

すべての逃避筋のバブルはその存在を証明ずけるわずかの事実を持つ。今回は中国とインドであった。世界が急速な工業化に燃料を供給するために生産することができるすべての商品をこれらの新興巨大アジア国ががっついていた。

その話が真実でなかったわけではない。それは古いニュースである。グローバル需要の成長はたぶん10年間で原油価格に少しずつ$20~$40に上昇した理由、それと2005年中旬までの$60までであった。

一生涯かけた$147への上昇は月ロケット発射であった。そして長談義で、自己の。新興国は2007年の中旬に急に原油、石炭、銅をがっつき始めたわけではない。

でもテレビと新聞のアナリストは真正面向かって2007年から2008年7月の原油価格が2倍に増えたのはファンダメンタルズの需要が要因だと言い張っていた。逃避の買い、投資家、年金ファンド、相関関係の無いリターンを探すための代替投資への分散投資ではない。

『どの市場にも起こりえる。』Marketfield Asset Managementの取締役Michael Aronstein氏は言う。『一度巨額な金額で上昇すると幸運な投資家に計り知れない富を築き、だれかが、まだ始まったばかりで参加するのはまだ遅くないと過ぎてしまったケースを出す。』

アドバイスは『通常売りたいと関心を持っている人が作る。』

 

広告