複雑な円商品が日本に恐怖を呼ぶ。

投稿者: whitegru3

The Time Onlineで記事で日経個人投資家に販売されたいらいらするほどはっきりしない正確な性質がわからないこれらの複雑でリスクの高い外国為替商品について書いてあった。この問題の規模($90Bln)は比較するとそれ程悪くは無い。例えばサブプライムと比べると。思い浮かべると為替市場は値荒いためこれらのトレードは圧縮された時間の期間に巻き戻されやすく、これから大惨事を引き起こす可能性を高める。

皮肉な事は日本監督機関は一度は個人投資家にとって特に保護的であり個人投資家に売れる商品に厳しい制限をつけていた。その姿勢はどうしてか、もはや問題にされていない。

Times Onlineから:東京のトレーダーは$90Blnの複雑な外国為替商品について警告をされた。ほとんどが日本の個人投資家と機関投資家に売却されて、陥落寸前で”砂上の楼閣のように”なっている。

商品発行体による救済の努力、大手日系、欧州、米系の投資銀行は広範囲に及ぶヘッジ手段が必要になると予想され、これがグローバル為替市場をさらに深い混乱に巻き込む。

その商品は、power reverse dual currency notes (PRDC)と呼ばれ普通の預金より高い利回りを提供するとして日本の一般世帯に売却されたが、この商品は実際のところ非常に複雑な構成で15の可動部と痛点は倍増される。とRBSのデリバティブ専門家は言う。

商品は外国為替へのリスクに加え、金利格差と国内インフレーション、と少しではあるが円キャリートレードの強力の部分を形成した物が一体化されている。為替に投資するために円で借りて高い金利を提供する、ここ数年に多額のグローバルリスクを融資するために考えられた策略である。

関連記事:日系大手は需要低迷し£777Mlnの損失を出し、日系地方銀行は公的資金の融資を受け、買い手から偽装されたPRDCの複雑さが、実際は通常のキャリートレードと同じ為替リスクを取っていたがグロバール金利変動率のリスクも加わっていた。

PRDCの警告は前例に無い円の変動率の局面と同時に起きている。これは今週に対$とユーロで急騰し、日本の輸出業社を苦しめることになる。この水準は1995年以来の高い水準まで来た。2ヶ月前に円は$1=¥110であった。

外国為替トレーダーは円通貨の上昇を円のキャリートレード巻き戻しのせいにした。

また、円の変動率に勢いをつけたのは日銀が今週にも金利引下げをするという憶測で、過去2日間でうわさが引き起こした円の急激な逆転、日銀が無担保コール翌日物金利を25bps引き下げ0.25%するという観測が高まる。

広告