モーゲージ業界の報酬構成

投稿者: whitegru3

住宅市場全盛期にモーゲージ労働者がどのようにして報酬を受けていたかJohn Quigley氏による記事が書かれていた。

Compensation and Incentives in the Mortgage Business.

多くの人が住宅ブームにかなりばかげたことをしていたかが説明されている。だがそれに十分の報酬を受けていたこともある。

この特別な業界に企業で生まれた奨励金構成がその崩壊の舞台を設定した。収入と手数料はすべて取引ごとに生成される、それは、支払いは取引が成立し記録された時に支払われる。ローンの発行者、通常はモーゲージ・ブロカー、は契約がサインされたときに支払いを受ける。ブロカー手数料は0.5%から3.0%と異なる。モーゲージ・レンダーは手数料を稼ぐ0.5%から2.5%、モーゲージ売却時に。債券発行体は手数料が支払われる、通常0.2%から1.5%、債券が発行時に。それに加え、レーティング会社は債券保険業者によってその証券が発行された時に手数料が支払われる。すべてこれらの手数料は支払われ、モーゲージ契約が借用者によってサインされてから6ヶ月から8ヶ月中にすべてが支払われる。

このようにして、モーゲージ取引の参加者はだれも基盤となるローンの実績で経済的な賭けは持たない。実際にモーゲージブロカーは自分の顧客に高い、そしてデフォルトしやすい金利レートを説得させればより多くの歩合が支払われる、これを”Yield spread premium”と呼ぶ。この奨励金の構成では、なぜリスクの高いローンが発行され、融資され、販売され、証券化されたのか理解するのは難しくない、特に1999年から2006に住宅価格が急速に上昇した時期に。住宅価格の上昇予測に、どうしてこれらのローンのプールが売りに出された時にレーティング会社からに認可されのか理解するのも難しくない。

広告