日本の戦略の一ページ?BernankeはMBS市場に下限を提案

投稿者: whitegru3

バブル危機後のアプローチで日本が広く批判されている特徴のひとつに監督機関がしばらくの間、銀行の損失を認めることを避けていた。デフレ環境ではこれがどのようにして好結果に結びつつくかは明らかでない、低迷する経済とインフレなしの環境で実質(名目上に対して)の価値の負債を削減し、借用者の払い戻せる能力の改善が期待できる理由がない。これからいくつかの銀行が(時には)巨額の債務帳消しするまではくずの資産はくずの資産で残ってしまう、他にも少なくともそれらの不良債券を削減するようしむくまでは、そして1990年末の景気低迷の悪化といくつかの金融企業の破たんはついに政府に銀行を再資本構成するようにし向いた。

Bernanke議長最新の提案は全く日本を見本にしているようである。住宅市場を維持できる価格水準まで下落させ、(長期的に、住宅は所得を外れた線上では取引できない。)連結し資本再構成を通じて直接に銀行のバランス・シートの損害を解決をするよりも、Fed議長は、その代わりにただ単に継続してFannieとFreddieの負債の事実上保証を支持するだけでなく、MBS市場にある種の支えを提供することを継続することを提案した。

この実行は財務長官Paulsonが管理下の声明発表の時に言った事と反論する。(少なくとも理論的に)それはFannieとFreddieの2009年バランス・シートは拡大駿河2010年には縮小し始めるといったことである。その時にそれが実際に起きるとは思っていなかったが、実際のところ、脚本はすでに書き直されている。

米国はそのうち住宅市場への助成金を削減する必要がある。それがされるまではまだずいぶん時間がかかるだろうが、そして政治的と現実的理由にとってわれわれが突入している景気低迷を過ぎるまでたぶん待たなければいけないだろう。しかし官僚はすでにいくつかの誓約を放棄している。

そしてこれが当然ながらもうひとつの問題を見落とす。Fedと、最終的には納税者が金融システム全体の保証人にはなれない、それがその姿勢をとっているようにも見受けられる。Fedはすでに国内のアルファベット・スープ・プログラムを通じてかなりのリスクをとった、しかし今では$スワップラインを通じてかなりの海外露出もある。

Bloombergから:Fed議長Ben Bernankeは、モーゲージ担保証券の市場は緊張が高まっている時期を乗り切るために政府が支援するある種の保証又は保険プログラムが必要になると言った。

Fedの議長は更に、米国住宅ローン最大の資金源であるFannie MaeとFreddie Macはある種の政府援助と監督機関を保持するべきである、たとえ現在の連邦政府管理下から民間企業に変形されても、と言っている。Bernankeは本日のカリフォルニア州バークレーでの会議に向けたメッセージで『もしGSEが民営化されたら、この混乱期の間、モーゲージ証券化過程を援助するある種の政府サポートを保持することが望ましいと見られる。』

この声明のあいまいさがひどく悩ませることである。BernankeはGSEを民営化させたい、がMBS市場にまだ政府のサポートがほしい。どうやってこれができるのであろうか、実際に?新しい連邦政府保証プログラム、FannieとFreddieの息子、FannieとFreddieを民営化することと競争して?

実際、彼はこれが理屈が通っている考え方であると考慮している。

ひとつの手段として、発行体がそれらの債券に対して政府保証に手数料を得る国債の保険業社を設立することである。とFed議長は言う。

『新しい事業体は、保険料の代わりに、モーゲージ市場に資金を供給するためのに使われて融資されるどんな形の債券にも政府が後ろ盾する保証を提供する。』『民営化されたGSEが発行したモーゲージ証券と銀行によって発行されたモーゲージ・バック証券が資格がある。』

Bernanke議長は更に、”Covered Bonds”の選択についても議論した。それは既存の融資選択と比べ優位性が劣るが、Covered Bondsは新規モーゲージのために、ローンを売却するかローンをパッケージして証券化しなくても銀行に資金を調達する方法である。その代わりに、専用で定期的に更新されているローンのプールによって裏付けられた債券を銀行は発行し、銀行のバランス・シートに残る。

もうひとつのFannie MaeとFreddie Macの選択は公益事業模型である。それではその両社は株主所有の企業にとどまり公務員の役員によって監視される。

『単に安全と堅実さを監視することを超え、監督機関は根付と株主に約束した収益率に一貫した他の法律を設立する。』

FannieとFreddieが民営化された理由、そして政府に完全に買収されなかった理由は、(およそ20%の株式はまだ流通している。)FannieとFreddieの負債を連邦政府のバランスシートに連結したくなかったからである。同じ問題がどの新しい事業体が数年間の間に運営されることになっても起きるだろう。

ここでCovered Bonds市場を起こす努力は失望的な結果を生み出す。そして公益事業のモデルはほとんどが元に戻す様に聞こえる。以前に試して、失敗した。もしGSEが連邦政府の援助なしでちゃんと資本化されているなら、バランス・シートが現在より相当縮小されたものになるだろう。Bernankeはただ単に話したくない重要な問題を認めることを拒否している。

しかし詳細よりもっと問題なのは哲学である。

….it would seem advisable to retain some means of providing government support to the mortgage securitization process during times of turmoil.

….この混乱期の間、モーゲージ証券化過程を援助するある種の政府サポートを保持することが望ましいと見られる。

それはすでに発行されているモーゲージ又GSEによって保証されているモーゲージへの政府援助がただ単に継続されていくことをはるかに超えている。これは持続的な公約をほのめかしている。どうやってこの混乱期に援助をし、どうしてその他の時期にはしないことができようか?これはぞっとするような世間知らずか明らかに不正直である。

広告