NY Times:臆病な値荒い市場よりCashを推奨し、それがいつ来る考えられる。

投稿者: whitegru3

世間一般の見解で、マーケット・タイミングは忘れた方がいい(負けて失敗するのがおちである。)又一方、本日のNY TimesのMark Hulbertは半マーケット・タイミングのストラテジーを推奨する;市場が値荒い時はCashにいけ!

しかし、それはマーケット・タイミングを執行するように難しい。どのように市場が値動きが荒いと定義するのか?VIXが30に近づくと、ずいぶん高い水準で、それは相場の底が近寄ってきた兆候を見せたが、今ではVIXが30にいくのは毎度のことで、どうやら相場が急変することを知るよあkんが必要となる。そしてもし洞察力があれば、それに頼ればいいHubert氏は相場が急変した直後に市場からの脱出を観察してはいない、それがこのストラテジーを実行する唯一の方法である。同じように、どうやって確実に変動しやすい市場が終わったのかわかるのか?どの手段を使う?LTCM(Long Term Capital Management)危機に、Swapスプレッドは4年間高止まりした。いつに安全でプールに戻ると決意する?

NY Timesから:マーケット・タイミングの批評家は、それは難しいと議論する。もし不可能でなければ、株式とCashの間を入ったり来たりするbuy-and-hold長期保有戦略を確実に負かしている。

しかし新しいリサーチが興味かきたてる全体の市場と同様の実績を上げる可能性であると取り上げている。もっと少ないリスクで、相場の変動率が急上昇した時に自分のポートフォリオをこのような時期に安全なCashに駐車しておくことで。

マーケット・タイマーはまだこの新しいリサーチを特別なトレーディングの規則に変換していないが、一般の考え方として、CBOEのVIXが目だって急上昇したら、株式市場から脱出するということで、VIVが下落してくるまでCashに滞在する。

もちろん、そのような値荒い市場を避けるストラテジーは悪い賭けに面する。マーケット・タイミングの批評家はよく指摘するのは、株式市場が多くの上昇を見せるのはわずか少ない爆発的な取引日である。それらの日をミスると自分のポートフォリオは失望的なものとなる。

考えてみると、過去10年間に誰かが株式市場に満杯に投資をしていたら、相場のいちばん世あった20日は除いてその間はCashにい入れていたとすると、その時期の99%以上は株式に入れていたにもかかわらず、この投資家は10月の末に57%損を出したことになる。これは国内株価を代表するベンチマークDow Jones Wilshire 5000 indexを使ったとして。これは10年全体で相場の一番よかった20日も入れて、そのインデックスをまねて株式を保有していたら達成できた13%の利益より70%悪いことになる。

マーケット・タイミングの支持者はその投資できなかった一番よかった日々の結果に焦点を置くのは不公平であると言う。どうしてかと言うと、市場の下落の大部分も同様にほんのわずか少ない取引日に集中しているからである。たとえば過去10年間で場牛木に満杯に投資し、最悪日の20日を除いて投資していたポートフォリオは215%の上昇。これは単純な長期保有戦略型より200%上回る。

変動相場を避けたストラテジーはこれらの2つの極端なケースのちょうど真ん中に行く。それは少なくとも相場最大下落日を避けることを目指す。そして最大上昇日の幾日かも逃すことになる。最も良い日と最悪日は値荒い日にはお互いに相殺しあうので、このような時期に自分のポートフォリオをCashに移すストラテジーはより少ないリスクを被る総合の市場と近い長期収益を上げる

この大雑把な見返りの等価性は近年に広まってきた。ここ10年間に、この最高20日間と最悪の20日間に株式市場から出ていた投資家は18%の収益を上げた。それは長期保有戦略型をやや上回る。それでもこの投資家の月次リターンのバラティリティーはマーケットより9低かった。

しかし、最大の下げ日のほとんどをどうやって避けることができる?

多数の学術研究が増加してきて、最大のボラティリティーの時期は大半予想ができると見つけ出している。これは相場の取引日で良い人悪い日はばらばらに起きないということで、一緒に群がる傾向がある。(NY大学の教授Robert F. Engle氏のリサーチから)

過去数ヶ月の相場の性質がこの群がりを説明する。:9月18日VIXが5年ぶりの高値を更新し、その次の機関は平均を上回るボラティリティーになりえる可能性を非常に高める。思ったとおりに、過去10年間で20取引日最高下落日のうち9日がその後6週間で起きた。

しかし、それらが正しくても、バラティリティーを避けるストラテジーはどんな人用ではない。たとえば長期投資家は多分、短期の乱高下は気にしていないだろう、そしてその結果収益を上げるためにマーケット・タイミングの手段でバラティリティーを削減することには興味が無いはず。そのようなストラテジーは相場に密接な注目が必要となる、そしてただ単に株を長期で保有しているより高い費用がかかる。

それでも、成功したバラティリティーを避けるストラテジーは相場から脅えて逃げている多くの投資家で、最近の相場のようにもっと並外れた変動に苦しむことを心配している人には魅力があるだろう。

広告