Credit Suisseは、中国の弱い見通しを基盤に原油価格フォーキャストを下方修正

投稿者: whitegru3

Credit Suisseは2009年原油価格フォーキャストを$60に下方修正した。主な理由は中国GDPの伸びと原油・ガス需要がコンセンサスを大きく下回る予測となってきていることである。

中国からの最新の経済指標は景気の衰えがもっとひどくなるなるだろうと指摘している。2009年に中国が他からの分離される望みはすばやく薄れてきている。

Credit Suisseは2008年4Q中国GOPのフォーキャストをわずか5.8%、2009年1Qを6%、2009年2Qは6.3%、2010年は8.5%に削減した。これらは中国経済の長い間で最低水準になる。

2009年中国原油需要を4.0%からゼロ近辺(0.2%)に下げ、2010年にいくらかの改善で5.4%へ。

中国の低迷はグローバル経済の低迷を意味し、他のアジア諸国、中東、FSUのフォーキャストも削減した。

2009年のグローバル原油需要は日量30万バレル(前年比)減少を予測し、1982年以来の最大の下落となるだろう。グローバル原油市場はFY2009年で日量180万バレル過剰供給されており、これはかなり多く、前例が無いわけではない。しかし市場は上半期に日量260万バレル過剰供給に見える。OPECは今では被害防止対策で正確な価格水準を守ることは非現実的である。

2009年WTI原油フォキャストを$75から$60に削減、2010年は$100から$80へ削減。

広告