もっと多くのマンハッタン不動産トラブル:オフィスのテナントはBrooklynに逃げている。

投稿者: whitegru3

ひとつの区の失いが、他の得となる。金融サービス業の雇用の激減のおかげでNY市経済の一般的な堕落にもかかわらず、経費を安くしようとする企業が安い発掘にショッピングに出てダウンタウンBrooklyn不動産市場はきつくなってきていると報告されている。

NY Timesから:オフィス・テナントの中では、長年マンハッタンでの急騰している賃貸料を払って、安値を探す風習が戻ってきている。ある企業はイースト・りばーを超えた反対側に移動することに決意した。

マンハッタン内での空き室率が上昇、金融業界の人材削減が本土の理由であるが、ダウンタウン・Brooklynでのオフィス空き室が不足してきている。ここの近代的な十分設備の整ったビルでの空き室率、専門化がClass Aオフィスと呼ぶ、が第一四半期の9.4%から第3四半期に7.9%へ下落した。とCushman & Wakefieldは言う。

少なくとも9つのマンハッタンにオフィスを持つ企業、UniWorldを含む、は今年ダウンタウンBrooklynにClass Aのオフィス・スペースに新しい賃貸契約を交わしサインした。その賃貸契約は、物件が広さ4000SqFeet~12万SqFeet、総合して30万SqFeetとなる。(1000平方フィート◆=1000× 1 feet2=1000× 30.48cm × 30.48cm=92.90304平方メータ)

しかしミッドタウン・マンハッタンのClass Aオフィス市場が180MlnSqFeetに対してダウンタウンBrooklynはわずか8MlnSqFeetと小さい。

ほとんどのClass Aオフィスは、MetroTechというダウンタウンBrooklynにある1990~2005年を通じてForest City Ratnerにより建築され、開発業社が6つの3.7Mln SqFeetオフィスビルを所有している。MetroTechは全体で5.2Mln SqFeet.

JP MorganがMetroTechの他の2つのオフィスを所有し、Forest City RatnerはMetroTechの近くにある3つのClass Aビルを所有し、それには19階建て70万SqFeetの1Pierrepont Plazaも含む。

ダウンタウンBrooklynのClass Aオフィス・スペース平均賃貸請求額は1Qの過去最高$31.44/SqFootから3Qは$30.52に下がっていた。とCushman & Wakefieldは言う。これはミッド・タウン・マンハッタンの$92.59/SqFootの1/3に値する。

マンハッタンの最高級ビルのいくつかの賃貸費は驚くほど高さである。例えば、GMビルの賃貸料金は(Fifth Ave, 58th & 59th)$150/SqFootを請求している。

破産を専門としているグローバル弁護士事務所、 Weil Gotshal & Mangesは40年前に入居した最初の企業である。

Weilはそこのビルに持つ2万5000SqFeetのオフィス・スペースをあきらめ、2003年に会館した19階建て15MetroTechビルの9階全体3万5000SqFeetを2020年まで賃貸契約を結んだ。100人の会計、人事、IT部門をそこに移動する予定である。

コスト削減が賃貸費を越えて、市はマンハッタンからニュージャージーやウエスト・チェスターに逃げるビジネスを他の市の区域に引き寄せるために税金免除を与えている。Relocation and Employment Assistance Program (移転と雇用援助プログラム)は移転後最初の12年間毎年職員1人につき$3000の税金控除がもらえる。これが平均密度から計算して$16/SqFootと同様のコスト削減となる。

広告