DTCC:CDS市場は$33兆を越える。

投稿者: whitegru3

市場参加者の多くはCDS市場の雑音を取り消し安心づけているように思われるが全体的には確信できない。それはこの市場が不透明なところが多いからである。

Bloombergの記事にCDS市場は考えているより小さい。想定元本でおよそ$34兆であるとDTCCは言う。IMFは最近の発表で$62兆と言っている。Bloombergの記事にはこの新しいより小さい数字は単に相殺決済が理由であるように言っているが他の要因が影響している。最初に4つの大きな決済があった。(Freddie,Fannie,Lehman,WaMu)。2つ目は、ほとんどのCDS契約は3年~5年償還である。スプレッドはクレジットクランチで巨大に拡大した。それに加え、以前重要な役目を果たしていた保険引受業者は活発に活動していない。(AIG、Ambac, Bear)そしてヘッジファンドは総合であまり活動していない。古い契約が償還し同じ量で新しい契約が書かれていないとする。

一つわからない点は:

先月にはLehman Brothersの崩壊が金融市場の下落に貢献した。それはだれもその証券会社の契約が市場に出回っていたのかわからず、誰が保有しているのかもわからなく、推定は最高$400Blnと見られていたが、実際の金額は$72Blnであった。とDTCCは言う。

重複トレードを差し引く、わずか$5.2Blnが取引された。とDTCCは最初にそのような情報がウェアハウスから先月に流れて言う。

問題は、DTCCはDTCCで決済されたトレードだけはわかるが、そしてそれらは順調に行った。しかし、Institutional Risk AnalysticsのChris Whalen 氏は先週に、何人かの市場参加者はDTCCを通さないで決済することにしたと報道した。なぜ?DTCCは入札過程を使って保険を収集する人たちにLehman債をもってくる必要がなかった。もし、常識的にうまくヘッジされていたら、たぶんDTCCにいってかたずけている。

いかし、随分多くの銀行がDTCCの決済に参加していなかった。(たった一つの理由として考えられるのが、もし保険引き受けてでうまくヘッジされていなければ、カウンターパーティーに債券を持ってこさせる理由が充分ある。基本的に何も損することは無い。入札で値が付いた債券の9%以下より、破たんでもっと手に入るかもしれない。そして多くの人が保険の保持者に債券を要求すれば、あわてて債券を買わなければいけなく、価格を引き上げる。そして運がよければ、カウンターパーティーが債券を取り寄せるのにコストが高くなり、もっと好感的な価格でのCash決済を選ぶだろう。しかしそれは起きそうに無い。

このようにして、DTCCの過程はDTC市場の問題を一時停止させる様に見られ、不適切にヘッジをしていた保険引き受けては参加していない。これから、Lehmanの決済が実際にうまくいったのかは不明である。(どれだけ払い戻しが大きかったのかと言う意味)

広告