“Mr Yen”はもっと強い円を支持する。

投稿者: whitegru3

日経が25年来の安値をつけた時に、日本の官僚はもっと安い円が好ましいことに合図をした。しかし不安は円の水準自体ではでく、もっと安い円を使って日経を後押しすることである。(円は$1に対して¥92以上行かなければ)日系の銀行はかなりの他の銀行の株式を保有し、法廷資本において市場価値の比率を(50%だったと思います)計上することが許可されている。これより先の株価下落はいくつかの銀行を最低法廷資本を下回り、下がっている相場に更に株を投売りしなければいけなくなる。通常、円と日系株価は反対方向に行くため、安い円を話していると言うことは高い株式市場を支持していることを話す。

最近の反応にもかかわらず、日本の市場参加者は人が思っているより、より強い円に感受性が強くなっている。某日系の上級重役は、円キャリートレード破壊され円を最高¥96まで持っていったその当時に上級金融監督機関と日銀の役員と会っていたが、驚くほど楽観的であったということである。$はファンダメンタルズの問題があり、円は最終的にはもっと高くなるだろうと予測している。

Bloombergに”Mr Yen”榊原英資氏のコメントが出ていた。

日本は強い円から恩恵を受けることだろう。なぜなら、それが原材料価格を押し下げることになる。

『私は強い円は日本国の利益であると信じる、原材料価格上昇していく特にこの状況下では』昨日のBloombergとノインタビューをシンガポールで行う。円は円キャリートレードが巻きも出されていく中、最高¥80まで上昇するかもしれないと言った。

今年$に対して15%とユーロに対して33%の上昇が、世界第二位の経済がつまずき、先月日本政府に外国為替市場での売り買い介入をし為替レートを影響させると声明を出させるきっかけとなった。政府のデータでは輸出高2.5%下落し第二四半期GDPが年率3%に縮小した。

円は$昨日の¥97.75から¥97.30へ上昇。€;¥124.29から¥123.56へ、オーストラリア$;¥66.35から¥64.68へ、ニュージーランド$;¥58.53から¥56.88へ。

日系輸出業社は円が¥80~¥85に上昇してもまだ優位である。と榊原氏は言う。

『バランス・シートと競争力の違いを見分けなければいけない。』『バランス・シートでは、円の上昇が収益を削減するが、競争力を考えると、FordとGMに充分優勢である。

日銀は先週、金利を20Bps下げ、0.2%に下げてのは驚きであった。と榊原氏は言う。

『たぶん利下げはしたくなかった、そして市場は25Bpsを予測していた。』『よって20Bpsの利下げはたぶん市場圧力と政治的圧力に対しての抵抗が原因であった。』

利下げは円を下げるために目標された物ではない。利下げは『象徴的な措置』であると言った。

榊原氏は日銀とFedが金利をゼロまで引き下げるとは思わない。

『可能性は無い』『追加30Bps利下げはとんでもない。短期マネーマーケット市場が機能していないと言うことでどの中銀もゼロ金利方針をとるべきではない。

Fedは金利を最高で25~50Bps引き下げるかもしれない。と言っていた。

 

広告