ブラック・ホールがだんだん大きくなる:AIGが又戻って来て救済を要求。

投稿者: whitegru3

Financial Timesの記事に、AIGがまた同じ戦略でもっと資金が必要だと戻ってきた。アイスランド銀行のCDS決済がもうすぐやってくる。

もっと悪いことに、これが強奪とは対照的に交渉のふりをしている。

AIGの重役は金曜日の夜に、官僚と借金・資産スワップと保険会社から不良モーゲージバック証券の購入計画の交渉で釘付けになった。

AIGは何かを隠すためのに政府を助けるために何かを思いついたのであろうか?AIGは元祖ローンの条件をみんなが忘れた思っているのだろうか?Fedの報道発表:

納税者の利益はそのローンの主条件で保護されている。そのローンはAIGと主要な規制されていない子会社の資産全体により抵当で保証されている。これらの資産には実質的すべての規制されている子会社の株式が含まれる。ローンは企業の資産売却により払いもどすことが期待されている。米国政府はAIG79.9%の株式を所有し、普通株と優先株に払う配当を拒否する権利を持つ。

納税者の利益はほんのわずか保証されているだけで、今では全く冗談のように見える。元祖のローンはすでにAIGの資産すべてによって安全である。延びてよじれてしまったものはすでに延びてよじれてしまった。そして政府が79.9%の株式を所有、それではこの借金と資産のスワップとは何のことでしょうか?政府は79.9%以上は行きたくない、そうするとその経営をバランス・シートと連結しなければいけない。そしてすべての他のことで最初の拒否権を持つ。(事実は、すべての資産を担保に持つことは、受取金がFedに支払われなければ売られないという意味である。その構造が売却を完成させるのにAIGがある何かの免除を受け入れなければいけないが、しかしどこかで弁護士が手段を考えている、それは最初からAIGが資産売却によりローン返済をすると理解されていたからである。)

Fedに危険なMBSに売りという考えもばかげているが、Fedがこれに承認していくという意味でもない。かさねて、Fedは今ではすべての資産を担保として預かっている。それで、AIGに貸し出す何でもが増加している、AIGが実際に優勢である、そしてAIGがMBSを担保に入れる策略を提供している、なぜなら他の銀行がMBSをろーんの担保として使っていたからである。そしてTARPの第1弾は銀行が最悪のMBSをTreasury に売ることである。よってFedが賭けで、一般に不注意な民間全体で最新の手段は他の銀行救済活動に似ている、そのため国会議員に怒りの電話がこないだろうとAIGは多分望んでいるのだろう。しかしこれはすべてが策略である。

これがAIGの最新の提案の本質である。

男が質屋に歩いて入って行く。彼が店頭の社員に向かって『2週間前に持ってきたその時計を覚えているだろう、あなたが$85貸してくれた、だが今はもう$50必要だ。どうしてあなたがそれを貸してくれる教えてあげよう。わたしは拳銃を持っている。それで私の頭をここで拳銃でぶち抜く、たった今だ、あなたのすばらしいカーペットの上で、わたしはあなたの店をきれいに掃除するのに$50以上かかると保証しましょう。そしてそれはあなたが私の脳灰白質を壁からきれいにする間にこの店を閉鎖するコストを計算する前にかかるコストだけで、そして私の自殺があなたの店の評判にどう影響するか。

そうそう、同じ男が先週に同じ計略で、見事にうまくいっていた。

そのほかの部分で攻撃的で、AIGが満足していないのは他の銀行が救済されて支払うより大目の支払いとなっていることである。その傲慢さは驚異的である。銀行と証券会社は連邦機関によって規制されている。もう少しで破たんしていた事実は監督機関が欠陥があったということである。そして政府は見ていて起こる災害を防ぐ義務があっともいえる。

連邦政府はAIGの監督義務はない。その騒ぎはAIGただ一人自身の責任である。そしてAIGは信じられないほど運がよかったと感謝すべきである。Fedはその規模の大きさに仲裁しなければいけないと悟った。

今では条件改善の要求に権利があると思っている?

もし現在のAIGに対する金利が高すぎるなら、レートの削減又は借金と資産のスワップはなしで、Cashでの支払い分を下げ、元本に延払利子を加えればいい、ここにはただでもらえる物はない。

だけど、Fedは脳みそと頭蓋骨のかけらが役員会議室に飛び散るのは見たくない。

Financial Timesから:AIGは、Fedが$85Blnの救済をした後2ヶ月もたたない間に、新しい救済を要求している。

この話し合いに関連している人々は、話し合いはまだ継続して、まだ失敗するかもしれない、しかしAIGは月曜日に決算発表がされる前に決定の圧力をかけている。

この動きは、9月にFedから受け取った$85Blnの資金注入と有価証券貸付部門からの資金流出を支えることを目的とした追加$37.5Blnローンをもうすぐ使い切ってしまうという不安が高まる中に持ち上がった。

AIGは合わされた$122.5Blnの機関から$81Blnを引き出した。2010年の締め切り前に払い戻すAIGの努力は、グローバル金融混乱の中資産を売却することが困難になり妨げられた。

AIGの重役は政府の高官に最初のローンの金利、LIBOR+8.5%が会社を麻痺させていると苦情を出した。

AIGは、最近銀行が政府に優先株を売却した代わりに受け取ったローンの金利5%と比較した。

AIGのFedへ提案のひとつはローンのスワップで、これで官僚に優先株又は債券と株式の混合で80%の会社所有権を与える。

そのような構造でAIGによって支払われる金利を削減し、可能性として総合で払い戻される額の削減も。ローンの条件の延長で今の2年から5年も可能性がある。

ローンの再交渉は、AIGの現金準備金を流出している、価格が急速に下落している$数十億のモーゲージバック証券を政府が購入することも付け加えられている。

AIGは又、政府がCDSの問題あるポートフォリオが基盤となっている債券を購入し、その代わりにAIGがその資産に対して保有する$30Blnの担保を出すことも提案している。

広告