銀行はGordon Brownの金利引下げに反抗する。

投稿者: whitegru3

Times Onlineの記事にイングランド銀行(BOE)の将来の金利引下げを、英国の銀行は消費者に受け渡す計画はないととても明らかにしている。しかしどうして銀行がもし今受け取っている同じ利ざやをもっと低い政策金利に加えても十分な収益を上げることができないと考えているのかうまく説明されていない。

同じような問題が米国にもある。しかし理由はほとんど明らかである。モーゲージ商品とのスプレッドは広がり、それでもTreasury は下落した。これで借り入れレートはほんのわずかの改善となった。その理由は金利のボラティリティーが急上昇している。それで消費者のモーゲージ前払いオプションがより価値が高くなり、これが必要なスプレッドの拡大になる。

Times Onlineから:大手銀行は大蔵大臣(Chancellor of the Exchequer)Alistair Darlingに、この先のどんな金利引下げも消費者とビジネスには受け渡さないと言った。

銀行は大蔵大臣に、慈善事業をしているのではないと警告した。もし景気が深くリセッション入りしてイングランド銀行がこの先金利を下げていっても、これ以上のモーゲージ支払いとビジネスへの金利削減の余裕はないと言った。

銀行からの強硬路線が納税者を怒らせる。政府がクレジット・クランチから Royal Bank of Scotland (RBS), HBOS とLloyds TSBを保護するために£37Blnを注入して間もない。

金曜日の朝に招集された会議に参加した銀行員はDarling大蔵大臣に、これらの最新の利下げは、金利レートを54年間最低水準3%に下げ、『譲れない一線』を象徴すると話した。

会議中に、大手8銀行の重役が参加し、Darling大蔵大臣は、3つの一部国営化された銀行RBS, HBOS と Lloyds TSBは金利引下げを受け渡す管理の圧力がかけられいることに同時する。

木曜日の金利引下げを受け渡せないかもしれないと言うと、Darling氏は銀行に強制的にそれをする『規範的』手段を考慮すると言っていた。

『大変難しい会議であった。』と銀行側は言う。『最初から、大蔵省の人間が重役の真ん前でであからさまに新聞のヘッドラインで強く押しつけている。』国家財政委員会のスポークス・ウーマンは、大蔵大臣は金曜日の会議で銀行に『強く』出ていると説明した。『全員が利下げのすべて又はほとんどすべてを消費者に受け渡すことに承諾した。』

来年には金利は2%以下に下がると予想されている。何人かのエコノミストは、クリスマス前に1%の利下げの可能性が高いと見ている。

銀行員は更に、繰り返しLIBORに不安を感じている。引き続きイングランド銀行ベース・レートより高い水準にある。しかし3ヶ月LIBORレートは金曜日に1.07%下落し4.5%となった。1992年以来の最大の下落だった。

Liberal Democrats国家財政委員会スポークスパーソンVince Cable氏は『銀行はこのようにして消費者に身代金を保持することは許可できない、特に今ではLIBORも下落している。もしベース・レートが下がればモーゲージ業者は消費者に受け渡さなければいけない。』

広告