アセット・アロケーション基準が機関投資家に不動産物件を削減するするよう導く。

投稿者: whitegru3

このわかりやすいWSJの記事で、株価が相当下落し、機関投資家はポートフォリオの中で不釣り合いに大きな比率を占めている不動産のポジションを削減しなければいけないとあった。注意:これは物件の売却では達成できないが、ただ単に機関投資が満足する比率にたっするまではこれ以上の購入はできない。

WSJから:株価の下落が機関投資家を不動産投資への比率にさらされすぎている状況にある。それが不動産価格のこの先の下落の引き金を引くことになる、市場での一番敏感なプレーヤーはポートフォリオを再調整するため見送り姿勢となる。

大手年金ファンド、大学寄付金ファンド、保険会社は通常、投資資産を株式、債券に投資し、小額だが年金ファンドが6~10%と他のファンドが最高で30%までを不動産に投資する。

今では、株式が崩れ落ち、株式と違い不動産は1年に一度だけ鑑定されるため、不動産ポートフォリオを相対的サイズは拡大し、多くのケースで、ファンドの基準より高い比率となっている。これは分母の影響として知られる。

意図しなかった全体のパイが縮小による結果から不動産の需要は効率的に破壊された。とING Clarion Partners LLCの取締役Stephen B. Hansen氏は言う。『確かにこれらの機関投資家は、過去7~8年間どの時期と比べても今日では新たな不動産投資をする傾向は無い。』

前年12月に、一筋のペンションファンドが Institutional Real Estate Incによって統計を取られた。総額$331.5Bln、ポートフォリオの8.5%を不動産に投資している。合計で、これらのファンドは平均ターゲットアロケーション9.6%を総額$42.9Bln下回っていた。先月に同じファンドは不動産にまだ$321.6Blnを保持していた。しかし、株式市場下落で、今度はターゲットを$42.2Bln上回ってしまった。これはポートフォリオの平均比率を11.1%に押し上げた。

ファンドはしぶしぶ現在の相場で不動産のポジションを売却しようとしている。

機関投資家は、不動産のアロケーションが分母の影響で効果を表して将来の投資から手を引いていることに不安を感じている。来年の商業用不動産への需要下落の舞台を設定している。そしてすでに追い詰められた相場に価格下落圧力を加える。

広告