政府の改定されたAIG救済策での大勝利はGoldman

投稿者: whitegru3

なぜかWSJの最初のヘッドラインは『政府の改定されたAIG救済策での大勝利は”Goldman big winner in government’s revised bailout of AIG”が『新しいAIGの救済は銀行の幸運』”New AIG Rescue is Bank Blessing”に変えられていた。

ちょっとふと考え見ると、なぜ政府がAIGに懲罰的な契約を取り消したのだろうか?(もっと悪いのは、それは規律正しい清算であった、これが好ましい結果を生んでいただろう、そして、経営者が十分なビジネスを良い価格で売却できたなら、残りで会社を運営できていたかもしれない。)そして今では、WSJは正確に、あからさまにさまに誰がこれらの不可解にも甘い条件で一番得をするか書いた最初のヘッドラインでを取り消した。両方の道はGoldmanへと導かれているようである。

前のコメントにも書いたように、AIGは金利の支払いが高すぎると主張した。この状況下でたった一つ”利子が高すぎる”と言うことはもしAIGが融資するためにしきんを借りていたらだ。もしそれが問題であれば、その治療法は簡単である:現在の条件で現金で一部を払い戻し、残りを元本に加える。同様に、AIGは子会社を2年間のうちに売却することができないと言った。(最初の契約事項である。)これで借金を払う。2年間はまだ遠い。何かをする前に少なくとも1年数ヶ月間待って、それからローンを1年ごと延長してもよかったのでは、もしAIGが売却の努力を正直にしていた事が説得できたて、非現実的な価格で差し出していなければ。

どうして、その条件が今変えられたのが不思議である。そして、なぜこの事項が次の政権にまで待てなかったのだろうか?

しかし、トーンダウンしたヘッドラインでも、AIGへの取り扱いは、すべて特別契約の交わしはGoldmanの代行であるようである。覚えているでしょうか?Goldman CEO Lloyd Blankfein氏は初期の契約で財務長官Paulsonに招待されたたった一つのWall Streetの企業であった。

WSJから:AIGの改定された$150Blnの救済策の勝利者は米国、海外の銀行であった。

AIGから今では問題のあるモーゲージ資産によって裏づけされている保険を以前に購入した多くの銀行は、AIGとNY Fedの新しい機関を通じてそれらのおよそ$70Blnの資産買うプランで、自分の損失多くを取り返すため待っている。これらの証券は、サブプライムモーゲージ債、商業ローン、その他の資産によって担保保証されている。

 

bank-aig-fed

米国、欧州、カナダの銀行はこれらの証券のCDSをAIG購入し、その代りにもし証券がデフォルトすると報酬が約束されていた。デフォルトは主要な問題にはなっていない。しかしこれらのCDOの市場価値が過去1年で急降下してきている。それが原因と、AIG自身のダウングレードで銀行にAIGからおよそ$35Blnの担保を取り外すことができるようにした。銀行はAIGから担保を受け取る事を求めた。これにはGoldman Sachs Group Inc.とMerrill Lynch & Co.と UBS AG,とDeutsche Bank AG その他が含まれていた。

過去2ヶ月のAIG救済を通じて、政府は銀行視界に入れていた:AIGの初期の救済は可能性ある銀行の損失、それが広い範囲での金融システムを脅かすことを避けるためにされた。

月曜日に発表された計画では、銀行はAIGから受け取った担保を取っておける、そのほとんどが9月に政府がAIGに資金を有効にした時から来ている。銀行はCDOを新しい施設に$1に対して50㌣で売却できる。参加している銀行は、AIGが書いたCDSをアンワインドさせることを変わりに証券の額面価格の報酬を受ける。

『幾つかの銀行にとってはホームランを打ったようである。』とICP Capitalの取締役Carlos Mendez氏は言う。『問題に突入している企業から保険を購入し、それでもすべて、ほとんど、を取り戻すこよう切り抜けた。』

どうして、裏口の助成金を受け取る価値があるのか?これらは腐った投資である。しかし、銀行は悪いビジネス上の決断に報酬を受けるのだろうか?前回のTARP資金注入は、優先株の配当支払いを市場価格をかなり下回って固定された。しかし今はそれはもう過ぎた、財務省は納税者ののお金を無条件で受け渡す創造性がある方法を見つけている。そして、納税者には何も得がない。(そうです、厳密にはCDOは利益が出るかもしれない、そして出れば、納税者はそれをAIGと分ける。しかしこのごまかしからは何でもありである。)

この政府救済計画に携わっている関連者が、CDOのリスクを生み出す結果となるこの計画は、納税税者とAIGを犠牲にして個々の銀行に役に立つようには設計されていない。しかし高官は銀行にかなりの奨励をし、その証券をAIGに売却し、そのスワップをAIGが相殺できる。

その契約の相殺は、それらのスワップに対しての追加でのAIGに対するマージンコールを解放する。そしてそれがAIGが過去に評価損計上してきた$数十億が関与している。この計画は、保険業社が火災保険がつけられた家を購入しその家に保険が必要であることに否定することに類似する。

何を言っているのだろうか?CDSはこんなナンセンスを通さなくても相殺できる。契約を”交渉して金で代償する”と呼ばれる。

AIGのCEO Edward Liddy氏との今週の記者会見では、改定救済案はスワップを含む以前からの主要な問題があると言っていた。

広告