10月の安値をもう一度。

投稿者: whitegru3

市場は10月10日の安値に益々接近してきている。メディアで報道されていることとは反対に、これがなるべき動向である。最安値はもう一度試しに行く。それが相場の正確の基本原理である。そして群集心理学である。

この条項を定義する幾つかの違いを生み出しさまざまな異なった方法があるが、基本的な輪郭は同じである:相場がすごく深く売られすぎの地点まですべての主要な売りが出たとき、反発が後に起きる。どれだけ前回のうりがひどかったかによって、この反発は通常3~6週間継続する。 FusionIQ のデータでは通常4週間で平均およそ24%。

他のこれらの調査結果には違いがあるが:メリルのDavid Rosenberg は過去100年間の12回相場の底を見て;35日間が反発の期間が大体の目安になると見つけた;それに続く安値再テストは同じ様な期間続く。Justin Mamis 氏はこのテーマの底、反発、安値再テスト、反発の変動を発見した。

引けねベースでSPX(S&P500インデックス)は10月27日を3ポイント上回っている。しかし10月10日を48ポイント下回る。Nasdaqは10月10日をかなり下回り、10月末の安値引けを5ポイント下回っている。Dowも10月10日を下回っているが、10月27日の引けを上回っている。

ほとんどの状況下で、引けのデータを使用するのが好ましいが10月10日は目立ったパニック売りであった。Dowはフリー・フォール1000ポイント下落し、日中に反発した取引は引けよりも好ましいかもしれない。

その方法を取ると、DowとSPXは日中10月10日の安値を上回っており;Nasdaqは10月10日の安値を若干下回っているが上昇してその水準を上回ってきている。

過去30日でおよそ18%の上昇が見られた。

Dow 3ヶ月チャート

3-month-dow

 

S&P500 3ヶ月チャート

 

3-mo-spx

Nasdaq 3ヶ月チャート

 

3-mo-ndx

広告