もっとCDOのデフォルトが起こりそうである。

投稿者: whitegru3

なにがこの記事で興味を誘うかは、説明してあるCDOのトラブルが起こりうる問題がどれだけ大きいのか、だれが影響されているのかである。

Financial Timesから:合成CDO、企業のクレジット・デリバティブのプールを基盤にしたリスクが高く複雑な商品は、一般のクレジット市場の劣れでデフォルトがらみの損失に苦しめられた後に窮地に立たされている。

デリバティブ市場を通じて社債を基盤とした合成のCDOは、Lehman Brothersと他の金融機関の直近のデフォルトから$24Blnの損失を出している。とJP Morganのアナリストは言う。

アナリストが“binary”(双対の)ポジションと呼ばれる$103Blnの契約が残されており、もしより多くのデフォルトが発生すると損失へと急降下することが見られるだろう。$32Bln~$56Blnの中2階、又は中間階級のトランチ契約は次のデフォルトで高いリスクの資本損失である。

唯一社債デリバティブを基盤とした合成CDOのトランチはおよそ$757Bln残高があるとJP Morganは推測する。

合成社債CDOはクレジットバブル期に、CDSのスプレッド又はリスク・プリミアムを縮小させるのに役に立った。それで銀行は、これらの商品を構成することで、CDOのなかに含まれた個々企業のデフォルトを保証するために売られた契約をヘッジした。

クレジット市場の主な不安は、投資家がCDOから逃げこの過程の反転を導くことである。それによって、銀行は強制的に巨額の保険を買い戻させ、スプレッドをすでに広がった水準からさらに大きく広げる。

JP Morganのアナリストは、投資家がアンワインドをする比率はまだゆっくりだが、今は序所に。

『そうは言ったものの、この市場の規模はかなり大きい、そして投資家の最初の資本損失は、このポジションを保有する決断の転機点となる。』とJPMorganのYasmine Saltuk 女史は言う。

現在のところ、市場価値の損失がクレジット損失を予想で上回っている。Citigroupのアナリストは$584Bln既存の合成CDOの市場価値損失は11月10日に$67Blnと予測する。これは10月24日にCDSのスプレッドが最大だった時の$81Blnの損失からは改善している。

CDO業界が非公開の性質から、市場の規模を予測するのは難しい。そのためCitiとJp Morganとの予測に違いがある。

Saltuk 女史と彼女のチームは市場価値の損失を、残りの中2階トランチおよそ$436Blnで30~40%、最高$174.4と予測する。

CitiのMichael Hampden-Turner 氏はアンワインドのペースでもっと楽観的、投資格のデフォルトは近い将来に直近の極端な金融危機の間ほど数多くならないだろう。『CDOのアンワインドのペースと再構成は増えた。しかし全体の相場の規模からまだ少なく、秩序が整っている。』と言う。

広告