小売売上げ10月:2.8%下落。

投稿者: whitegru3

WSJから:米小売売上げは10月に記録的な急落。職を失うことに心配な消費者は、ホリデーショッピングに向かって引き下がりぎみ、広い範囲にわたっての商品、車から家具、家電の消費を削減している。

同時に発表された米輸入価格は先月記録的なペースで下落した。原油価格の下落とグローバル経済の衰えの更なる証拠が急速にインフレ減衰効果となっている。この傾向がこれから発表されるPPIとCPIを確認済みと仮定すると、Fedはクレジット危機に取り組むために流動性を与えるプログラムに柔軟性を加えるべきである。そしてインフレの勃発を心配せずにもっと金利を引き下げるべきである。

小売売上げは先月2.8%下落。(商務省)4ヶ月連続の下落となった。9月の売上げは1.3%下落した。初期の1.2%の下落の数字から下方修正された。

エコノミストは10月売上げを2.4%下落を予想していた。10月は第4四半期の最初の月となった。2.8%の下落は1992年以来の最高の下げとなった。前回の記録は2001年11月の2.65%の下落だった。

Bloombergから:2.8%の下落は1992年以来最大の下げとなった。(商務省)自動車を除く分でも最悪の実績であった。

雇用削減が増え、株価が下落、住宅価格が下落が生活設計をずたずたにする中、消費は続いて低迷していく事だろう。Best Buy CoからNordstromまで6年間で最悪のホリデーショッピングシーズンになるだろうと、収益のフォーキャストを削減している。

『消費者はしゃがみこんでいる。』BMO Capital Markets のエコノミストMichael Gregory氏は言う。『ホリデーシーズンを通じて、来年に入っても充分見られるだろう。4Qは特に醜いだろう。』

広告