銀行の債務を保証する計画には欠点がある。もっと良い契約を要求。

投稿者: whitegru3

財務省が9つの銀行にむりやり押し付け資金注入した後すぐに、すべての銀行がほしかった、又は必要なわけではなかく、この業界はこれらの先駆けにおいて先手をとろうと決意した。最新の優れた考えとして、銀行のさいむを保証するのは、意図とする受益者から不賛成を表明される。しかし、悲しいことに反対したのは一般概念ではなく、検討中の特別な変形で、予想すると少なく払ってもっと多く受け取りたいということらしい。

Bloobergから:JPMorgan Chase & Co., Bank of America Corp. と Goldman Sachs Group Incは、その政府のプログラムは欠陥があり十分な保証がないと言っている。

FDICのデフォルトのための返済保証はもっと明確にされる必要がある。手数料が高すぎる。そして銀行はもっと選択するのに自由が必要である。と弁護士事務所のSullivan & Cromwell LLPが9つの銀行の代わりに書簡をウェブ・サイトに公表した。

なぜ政府が新規発行の銀行の社債を保証をした1ヵ月後に、まだどの米企業も市場には発行していないのかコメントは明らかにする。それとは対照的に、英国での同じ様なプログラムの下では、銀行は£13.9Blnの政府保証の社債を発行した。

その書簡は英国のモデルを引き合いに出して、なぜならそれが期限がきたら元本と金利の『無条件の保証』を提供しているためである。同じ様な保証なしでは、米銀行は英国、欧州の相手方からかなりの不利となる。なぜならそれらの政府保証債が借用者により高くついて、より投資家にとってあまり魅力がなくなる。

この論理が米国を最初にトラブルに巻き込んだ、規制が底まで争って行く。今では、業界で吸い上げられるだけ吸い上げている助成金の方に来ている。そしてすべての口座で、銀行はFedに過剰の準備金がある。これからも貸し出しする雰囲気にはなっていないことを示し、政府保証と無関係である。債券発行の議論はデマ情報である。

銀行はFDICに、保証と無保証の両方を発行する選択を持続するために支払う手数料を削減するよう依頼した。FDICは、9月30日付けで2009年6月30日以前に償還する予定である既存の債券に37.5Bpsを前払いで請求したい。その代りにプログラムに参加する間、自由に両方を発行できる。

銀行のグループは、それを既存の債券25%に75Bpsへ削減したい。

Sullivan & Cromwell の書簡が代表した他の6つの銀行はBank of New York Mellon Corp., Citigroup Inc., Merrill Lynch & Co., Morgan Stanley, State Street Corp. ,Wells Fargo & Co.

Credit Suisse Group AG は11月4日にFDICに別の手紙を送っていた。

『完全で、決定的な保証返済の規律無しでは、プログラムの規模と参加する銀行の数はFDICの予測をかなり下回る事だろう。

政府プログラムの臨時規制は従来の債券保証には不十分で、それは破産裁判所による法律変更で元本と利子支払いのタイミングを除いてあるからである。

S&Pは11月10日に保証の件で銀行を支持している。

先週、参加する銀行選ぶ締切日を12月5日に延期した。それで決断する前に最終法案を充分考慮できる。

広告