クレジット・危機の影響:スケジュールが増大するにつれ、投資家は国際投資には疑い深くなる。

投稿者: whitegru3

現在の状況下で、政府が銀行に過去又は見込みある損失を補償するために資金を注入したら、この投資のリスク調整済み期待収益率は借用コストに等しいものにはならない。この差は将来の基本的な財政黒字から取り戻されなければいけない。それは利払いを除いた将来の政府の財政黒字である。もし市場が現在と/又は将来の政府が未来の主要な財政黒字を増やすために、未来の税金を引き上げるか、未来の歳出を削減する能力又は意欲に疑いがあると、国債のデフォルト・リスク保険料は上昇する。そのようなデフォルトリスクの保険料の上昇を、一番価値がある国家でも見られている、それにはドイツ、米国、英国政府である。10月10日2008年金曜日に5年ソブリンCDSのスプレッドは英国で0.456%、米国が0.33%、ドイツが0.265%、これは戦後平均記録を大きく上回っている。

Bloomberg:10月28日2008年

US TreasuryのCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)は10月3日にTARPが承認されてからおよそ40%上昇した。そして今では、2007年6月に、クレジット市場が凍結する前のメキシコとタイ政府と同じ水準となった。

銀行とその他の金融システム一部を救済することで、官僚は銀行のデフォルト・リスクを削減を削減したがソブリン(国)の・デフォルト・リスクを高めた。十分な財政上の余分な容量があれば、(追加の国債発行と政府の支払い能力保つために十分な資金を未来の税金を引き上げと/又は未来の歳出削減する事でテクニカル、経済的、政治必須条件が揃えられる)

ひとつの心配は、政府の支払能力が過度に大きい銀行セクターの救済の必要で、信用ができなくなってきている。Willem Buiter氏は、Paul Krugman氏と他の知名度の高い米国エコノミストとは違い、政府が誓約できる数の制限は確かにあると忠告している。相場は懲罰を行使できるし、するだろう。(Buiter氏は英国の観点から議論しているが、この理論はどの政府にも通用する。)

重大な問題は、政府がこれらの財政上の誓約を、堅固であるか軟弱であるかにしても、無条件又は条件付、そして明白か漠然でも満たすことができるかである。前もっての負債の増えている量に見合うために追加で債券発行するために今、又は未来に資源があるだろうか?

支払い能力があるためには、政府のネットで財政上負担の額面価格が現時点と将来の主要な財政黒字の現在の割引価格より大きくなってはいけない。(財政黒字はネットの利払いと他の投資所得を除外する。)

政府によって購入される資産の資金調達するために発行される又は発行された債券に追加で、将来に発行される債券はこれからやってくるリセッションの特徴となる大きな循環型と構造型経常赤字と結び付けられる。もしGDPがピークから底まで、たとえば3.5%下落して、ゆっくりと回復するとすると、7%のGDP又はより高い財政赤字を2009年と2010年に持つことになる。英国銀行システムを保護するためにした明白と黙然の財政上の誓約と一緒に、数字は相場を驚かせることになるだろう。GDPに対しての信のネット公共負債は多分GDPの100%以上を十分超えているはずで、上昇していることでしょう。そして巨額の公共負債と、一部は周期型と一部は構造型、姿を現し始める、相場は政府のプログラムの激しさが増して財政上の金融安定化が疑問となる。英国債のCDSスプレッドは上昇し始めている。その概念、通貨を除いて、スターリング建ての資産でえ安全なものがなくなることはショックである。しかし、米国も同じである。2009年に米国政府は少なくとも(グロス)$2兆に値する国債を発行しなければいけない(財政赤字+資産購入+償還する国債の借り換えの合計)過去最高額は$550Blnであった。米国も市場はデフォルトリスクがない$金融商品なしでやる方法を考えなければいけない。

Buiter氏は米国は2つ目の問題に面するとコメント:たとえ投資家がデフォルトのリスクに心配していなくとも、多額のこくさいの発行が利回りを押し上げる。単に需給に基づいてである。われわれは今もすでにその兆候が見られている。このドイツからの危険信号とみなすと、高いクレジットの国の国債入札の失敗は聞いた事もない:Financail Timesから

翌数ヶ月に資本市場で資金を調達しようとしているどこの政府には、今週のドイツでの出来事は不吉であった。

ドイツ10年Bund入札は失敗に終わった。今年までにこんなことは聞いたこともなかった。無一文の銀行と投資家は政府の発行に相手にもしなかった。

それは十分なお金がなくて困窮した時期であることが明らかである。世界で流動性が一番高い市場のひとつのベンチマーク債券が十分なビッドを取得できず入札総額に達成できなかった。

重要なことに、政府が財政刺激策パッケージと銀行の資本再構成をするために現在の厳しい市場状況で巨額の債券を発行して必要な資金調達をすることにまじめに疑いを感じている。

需要減退のどんな兆候でも債券利回りを引き上げる。すでに圧力がかかっている公共の財政にさらに圧力を加える。

米国より発行に圧力がかかっているところはどこもない。

Miller TabakのストラテジストTony Crescenzi氏は『限界がある資本の世界で、財政、経済安定化のために資本が必要などこの国でも、かなりの国債の供給の増加がより高い長期金利が明らかにされる。』

BNP Paribasの取締役Rick Klingman氏は『ある時点でサプライが問題になってことは間違いない、米国での資金ニーズは信じられないほどである。今の時点では、サプライは株価が急落しているので大きな要因ではない。

米Treasuryボンドサプライは過去最高の水準に達すると見られている。2009年の財政年度で$1.4兆~$1.7兆のレンジ。(10月から始まる)。欧州では、債券サプライは来年のフォーキャストがユーロ1.0兆($1.247兆)となっている。これも過去最高である。(Barclays Capitalのデータ)

驚くべきことは、この巨額のサプライにもかかわらず、多くののアナリストは債券利回りは下がるだろうと予測している。これは多くのアナリストが今では深く、長引くリセッションを予測しているからである。そいてデフレーションの話が債券市場をしつこく付きまとっている。

利回りはとくに短期のイールドカーブで急激に下落した、一番金利の動きに敏感で世界景気の低迷が早まってきている。

アナリストは経済背景が利回りがどこで推移するかの主の決定要因である。現時点では、株式が非常に魅力的でないので債券市場がより魅力的に見え、サプライの心配を帳消しにする。

いくつかの国債利回りは歴史上最低の水準にいる。最後にこの水準を見たのは2005年で、インフレ懸念が相場を支配していた6月の水準をもっと下回る。たとえば10年Bundsは現在3.63%で取引されている。6月時には4.68%であった。

Bank of AmericaのストラテジストRiccardo Barbieri氏は『私は予想していないが、もし利回りがありそうもない出来事で上昇すると、それは随分低い水準からになる。』

ドイツは、今年で4度目の10年Bunds入札の失敗にもかかわらず、米国は投資家を引き寄せ成功し、利回りを下げている、難しい状況が続くと、他の国より一番流動性があり、資金の安全な避難先へと見れる。

もうひとつの政府の問題は、銀行と金融機関からの競争で、それがソブリン保証尚且つ高い利回りを提供している。

たとえば、今週英国の Nationwideが3年債をGilt+100Bpsで発行した。

『簡単な質問は、なぜ政府保証の社債がもっと高い利回りで、国債を買わなければいけない?』Credit SuisseのストラテジストSean Shepley氏は言う。

来年には欧州だけで政府保証の社債がユーロ1.6兆発行予定になっている。これは投資家の国債に対する需要に大きな影響を及ぼすことになるだろう。

この巨額の発行額の予定にも、利回りは強制的に引き上げられていない。これは人々がどれだけ景気の見通しに暗い化である。』

投資家はこの危機でノイローゼにかかっている。誰もがこの四半期をどう過ごすかだけを考えて、長期は考えていない。ばぶるが終わりに近づいて来た日に、CitiのChuck Prince氏は音楽が流れている間は踊っていると話していた事を思い出す。そしてCitiとPrince氏は時が来たときにリスクの高いポジションから抜け出ス事ができた。そのように多くの投資家は国債の利回り上昇のリスクを確認するかもしれない。しかし同じように損失をあまりださないところまで来ると売却することもできる。

広告