G20サミット

投稿者: whitegru3

Bloombergから:G20は成長、監督機関の変更の行為を呼びかける。

Washingtonでの5時間のサミット後の声明、G20は景気成長を刺激する広範囲にわたる政策の解答を勧める、可能性として金利引き下げと財政刺激を含む。

3月31日の最終期限を設定し、きつめの会計基準を推奨、デリバティブ市場を強化、ヘッジファンドの債券格付け会社の監督を強化。

『共通の理解で誰もが経済成長を推し進める方針を促進すべきであるとBush大統領は語る。英国Gordon Brown首相は『世界のどの大陸のどの首脳陣もこの苦悩な時期を抜け出し経済を動かすための必要な行動とるための明確な決意がある。』といった。

税金と金利を一緒に削減する明確な約束はなしで、市場は失望するかもしれないとHigh Frequency Economics Ltdのチーフエコノミスト Carl Weinberg氏は言う。『これは手元にある出来事に取り組むための強い行動の声明ではない。』

協調の行動より、国々は国内に状況に適切なふさわしい行動をした方が良い。

グループは新しい貿易障壁を建てないことに誓った、必要であれば、IMFのためにもっと資源を保証し5月前に再び会合する約束をした。

倒れている株式市場と前世界のリセッション・フォーキャストは圧力が強くなりクレジット・クランチが発生後15ヶ月でG20のリーダーに行動を起こすように圧力をかける。IMFは先進国の経済は戦後初めて揃って縮小するだろうと予測する。

G20のリーダーは世界経済の90%を代表し、ここ危機を適切なリスクの認識なしで高い利益を求めた投資家の責任にした。

何をするかに承諾することは難しかった。フランス大統領Nicolas Sarkozyは記号の後に『わたしは米国の友達である。しかしそれはいつも簡単ではなかった。』『打ち勝たねばいけない誤解がある。』

声明は規制が最初で第一番の国家の責任であるということに理解することで意見の相違を覆い隠された、同時に経営と問題が国境を越える金融業者の監督に国際協力の強化を要求。

首脳陣は共同監督と活動についての情報交換と国際銀行のリスクの負い方で世界中の銀行監督のために”supervisory colleges”監督団体”の設定を呼びかけた。

資本基準は引き上げられるべきであると言った。特に銀行構成クレジットと証券化の活動。

首脳陣はそれぞれの財務大臣に投資家、機関投資家、へッジファンドを含む、の財政状況の公表を強化するための推奨を勉強するよう差し向けた。

債券格付け会社は、ここが祝福した多くの商品がデフォルトした、登録すべきである。そしてそれらの行動を公正な情報を与えていることを確実にし強化することと、利害の対立を避けるために監督するべきである。

会計基準は世界中で調和すべきである。と言った。そして監督機関は現在の規則が正しく証券を価格付けしているか、この圧迫した時期に特に複雑な流動性の薄い商品を、考慮するべきである。

首脳陣は重役の報酬は過剰なリスクの取りすぎを避けて管理されるべきである。上限についての呼びかけの不足で止まった。

保護貿易主義に対しての警告はりセッションと戦う方法としてG20は来年には貿易障壁を築かないことに誓った。そして今年の終わりまでに7月に崩壊したDohaの一連の貿易交渉に決着をつけるようにするといった。

首脳陣は4月にもう一度会合を開き、多分ロンドンで、新しい米国政府が就任してから。

新興国の首脳は経済問題を取り扱う公開討論でG8をG20に入れ替えるべきであるといった。

ブラジル大統領Lula da SilvaはG8は友達のグループになっている、そしてG20諸国なしで政治と経済を決断するのはわからない。

広告