Citigroupのタウンホール・ミーティング

投稿者: whitegru3

Citigroupは5万人の人材を解雇する予定

Citigroupのレイオフ(一時解雇)は金融業会を通じての最新のひどい一連の人材削減である。削減は悪いクレジットの投資による前例のない損害により引き金が引かれた、それと70年間で最悪に経済状況の真っ只中にそれに続く銀行業と他の金融サービス業の急落による。

早期の解雇2万人以上とあわせて、最新の人材削減は2007年4Qに達したピークからの銀行の労働人口の20%に値する。

10月に、同僚のブルーチップ社American Expressが大幅レイオフを発表し、7千人を解雇した。今年だけで、Goldmanは3200人解雇、Whirlpoolが5千人、Yahooが1千人、Hewlett-Packardが2万4千人を解雇した。

タウンホール・ミティーング

Citigroupはタウンホール・ミティーングの実演をした、そこではほかの企業との資本基盤を比べて、ローン損失準備金の設計、費用削減、その他。。。。。

ローン損失準備金:

Citigroupはローン損失準備金を2倍にした。この悪化していく景気の状況下でそれで充分?失業者は急上昇し、それと一緒にクレジット・カード、ホーム・エクイティー・クレジット・ライン、商業不動産、消費者ローンの損失の計上、Citigroup はまだ評価損の計上面で立ち遅れている。

オフ・バランス・シートの保有:

Citigroupは$667Blnのほとんどがバランス・シートからではない、たぶん全部であろう。問題はCitiがクレジットリスクがないという考えであるが、カウンターパーティーがCitigroup に$667Blnのリスクがないと保証することがどれだけできるであろうか?会計規則の変更で、Citigroup はそこのオフ・バランス・シートにあるリスクをどれだけでも隠すことができる、そしてそんなものは存在しないとふりをする。これらのリスクはバランス・シートに載せて全部公表されなければいけない。

ターゲットの削減:

そのレイオフの大騒ぎの発表でも、Citigroup の3Q2008年の費用はまだ前年同期比を上回っている。もしCitiが2009年の費用のターゲット$52Blnを達成すると、平均で1Qごとで$13Blnとなり、およそ2006年の4Qの水準に値する。その時は景気は活発で健全であった。

この先はCitigroupは1四半期ごとに費用を$1.4Bln削減(9.7%)し、人材を翌5四半期(2009年を通して)5万人(14.2%)削減。これで充分?Citigroupの30万人の職員は?もしこのままビジネスと資産を売り崩していったら。。。

広告