売れ残り商品がロング・ビーチに積み上がる。

投稿者: whitegru3

米国でも一番忙しい商業用港湾の一つであるロング・ビーチ、NY Timesに一つの注目点で、輸入車がどのようにして倉庫に積み上げられて、たとえ優秀な自動車メーカーでさえ苦痛となっているかが書いてあった。

きらりと光る新車のメルセデス・ベンツが大型のコンテナから埠頭に一台一台転げ出される。通常、それらの車は数時間のうちにトラックに積み乗せられ、全米のカーディラーに向けて出荷されるが、いまは、通常な時期ではない。

今では、埠頭そのものが目的地になっている。ディーラーと買い手には歓迎されず、何千もの車、総額$何千万が倉庫に入れられ、港湾の場所に混雑してきている。

幾つかの商品の出荷が鈍化しているにもかかわらず、到着する車は今までのペースで入ってきている。それは自動車工場は需要の変化の調整に数ヶ月かかるからである。

そして、ベンツ,Toyota,日産は、初めて港湾から場所を借りてこれらの迷っている車の保管場所を借りる。全米で第2のコンテナ港湾地を大規模なパーキング場に変える。

しかし、ロング・ビーチでの過剰在庫は輸入自動車だけに限らず、港湾で単独最大輸出の需要の急落:リサイクル・ダンボールと紙製品

この商品は通常中国に輸出される。そこで新しい電気製品のための箱が作られ、米国に送り返されて来る。

あるアナリストがダンボール箱の売上げを経済活動の変化の早期指標として使っていた。そしてそれは信頼があると主張していた。

昨年およそ全米20%の輸入コンテナがロング・ビーチから来ていた。これは最大の港湾Los Angelesにとても近い。今年は、ロング・ビーチでの出荷量は前年比10%減少した。そして全米に渡る主要港湾でも同じ様な減少を見せている。ベテラン港湾労働者は、10月中旬からの低迷はいまだかつて見たことがないといっている。そして他のビジネスと労働者に連鎖反応を起している。

いくつかの商品の出荷は衰えを見せた、自動車は普通のペースで到達している。自動車工場は重要にあわせて調節するのに数ヶ月かかるからである。

広告