多額の稼ぎ手は収縮された収益のパイの大きな割合を要求

投稿者: whitegru3

WSJから:記録的な損失の見出しのニュースの裏に、商品、通貨、金利トレーディング・デスクの小さいグループのトレーダーたちは多額の収益を上げていた。それらのトレーダーが、一度はそのようなトップの実績を持つ人に積み上げられた減少してしまったボーナスのプールに先を争っている。

グローバル金融危機によって揺さぶられ、政府の監督が厳しくなり、銀行は新しい方法でのビジネスを手探りしている:多額の支払い、公共の憤怒のリスク、政府のさらなり介入。少なすぎる支払い、そして今年の収益を上げている少ない人からの離脱と反乱の試み。。。

多分それは正しい質問ではないだろう。これらの優秀な人材が翌数年に同じような収益を上げることができる?それともそれらの市場は普通ではないチャンスが存在した?多分からはうまく利用できたのだろう、しかし彼らが継続的に特大の収益を上げられないようであれば、彼らを失うことはひどく不愉快な結果にはならないだろう。しかし信頼は少なくともある多額の稼ぎ手は継続して収益を上げていくことだろう。

たとえば、乱闘騒ぎの商品市場では、モーガンスタンレーとGoldmanにのどから手が出るほど欲しい援助を届けた。2つの銀行は株価の下落に苦しみ、そしてそれらの長期ビジネスモデルに疑問を感じている。しかしその両社のあまり公表されていない商品トレーディングデスクは多分両社の2008年の収益を最高$1.5Blnずつあげていたと関係は言う。それはたぶんGoldmanとモーガンの計画する純収益の1/3に貢献したことになる。

mi-at569_bonus_ns_20081118174831

今年の3つの一番活気のあった部門:商品、通過、金利で通常銀行の債券トレーディング部門のハウスで、それには一般的にひどい衝撃を受けたモーゲージトレーディングとクレジットデリバティブ商品を含んでいる。それが最終的に実績のよかった稼ぎ手のの報酬を引きずりおろしている。

それでは、常に収益を上げている部門にとっては不満である。モーガンスタンレーのCEOはアナリストとの電話会見で、商品トレーディンググループが今年のトップ2ビジネスであると指摘している、その部門のあるトレーダーは過去に、商品グループはその実績により低い保証を受けていると議論した。

Options GroupのCEO Michael Karp氏は多くの高額の実績を上げたトレーダーに、『もしボーナスが昨年と比べて変わっていなければ、彼らは大変喜ぶべきである。たとえその実績が随分よかったとしてもである。』一流の商品・通貨トレーディング・デスクの最優秀トレーダーは昨年$10Mln~$20Mln稼いだ。そしてその下の水準で、トレーダーは$100Mlnの収入を上げ、$4~$5Mlnを稼いだことだろう。

一般に、トレーダーは企業のためにあげた収益の10%をボーナスとして取得する。それにはその部署と会社全体の実績が調整される。今年は、企業に$数憶の収益を上げた原油トレーダーは、それでも$20Mln取得するだろう。

外国為替トレーダーのスターDolfino氏は、今年$250Mlnの収益を会社に上げ、$25Mlnの報酬を上げるが、借りた資金の使用なしで同じ様な収益が繰り返されるか明らかで無いことから、ボーナスは少なくなるかもしれない。

多くの企業の外国為替・金利グループは、顧客で通貨と金利・リスクを運用するブロカー業務と自己ポジションを張るが、優れた結果を挙げると予測されている。

しかし、世界中の銀行は政府援助の$数十憶をボーナスに注ぎ込むようには見受けられない、特に政府高官はボーナス支払い計画に召喚状を発していることもある。

 

 

広告