ジャンク・ボンド利回り急上昇

投稿者: whitegru3

今回の下降時期で特に悪い多く中の理由のひとつはただきぎょうのデフォルトが戦後のピークに等しいか、もしやそれを超えるだけではない。2つの新しい要因がジャンク・ボンド保有者を苦しめている。

ひとつ目が、直近の多くのレバレージ・バイアウト契約の多くと、それからかなりの既存のジャンク・ボンドの残高の誓約が少ない。これはどういう意味かと言うと、企業が悪化してくると、債権者は借金を再交渉するのと運営の制限の要求をするのに慣例の能力に欠けるということである。結果としてもし債権者が見張っていれば企業は最悪の状態ではtんにはいる。と多くのアナリストは、信じている。それにより、回復額の取り戻しは低くすることになる。

2つ目として、再建企業向け融資(つなぎ融資)が干上がる。占有継続債務者は、Chapter 11の過程で企業に継続中の費用の資金調達を継続することができる。つなぎ融資に欠けるということは、Chapter 11によって救われていただろう企業は清算に追いやられる。それが、同じように低い回復額へとつながる。(Chapter 11の裏側の仮定には、どうあろうと、多くの企業は死んでしまうより生きていたほうが価値がる。)

Financial Timesから:米ジャンクボンドの平均利回りは、長引いたリセッションと企業のデフォルトの増加の中、初めて20%を超えた。

利回りの急上昇は経済活動に劇的衝撃を与え、投資適格より低いクレジット・レーティングの企業にとって新しい借金をするにはひどく高くなる。そのようなジャンク・ボンドの発行社はS&P500 の内17%を占め、社債市場のおよそ半分となっている。

ベンチマーク・メリルリンチ高利回りインデックスの利回りは火曜日に20.27に上昇後水曜日に20.81に達した。火曜日前の過去最高水準は1991年1月の18.66であった。リスク・プリミアム(Treasuryとのスプレッド)は1991年の水準の2倍となっている。その時のTreasuryの利回りは8%以上であった。

投資適格以下の格付けの社債リスク・プリミアムはここ数ヶ月で最高値を更新。クレジットクランチが益々悪化している。

GM発行のいくつかの長期債、最大手非投資適格発行社の一つ、は50%以上の利回りとなっている。

最新の利回り急上昇は、GMと米自動車業界救済における継続した不確実が反映した。

投資家は、同様に財務長官Paulsonが先週の声明で、政府が不良資産を$700BlnTARPの一部で購入することに反対したことで慌てふためいた。

利回りの上昇は、償還の需要に見合うためのヘッジファンドと他の投資家による強制的な売りのはんらんに立ち向かう債券市場から来ている。銀行も同様にリスクポジションを落とすために売却している。

欧州では、2007年の夏以来、ジャンクボンド発行社からの大きな債券発行のシンジケートが見られていない。

広告