JP MorganはFedはFFレートを1月までに0%に削減すると予測

投稿者: whitegru3

Bloombergによると、JP Morganの出したレーポートに、Fedは来年初期までにレート0%に引き下げると強く主張。

これが正確と証明されても、それが明らかな手段であるかは確かではない。最初に、ほとんどの中銀は短期金利を1%以下に誘導することは危険地帯である。ZIRP(ゼロ金利政策)は日本をデフレのわなに仕掛けられた、そしてそれが米国ではましな結果を生み出すという少しの理由も無い。

追加で、一度短期金利が1%以下に下落すると、マネーマーケットファンドが利益が出るように運営するのは難しくなる。Fedはただ単にコマーシャル・ペーパー市場内で大事な役割をするだけではなくなり(マネーマーケットファンドはCPの大口の買い手である)、たった一人の参加者となってしまう。

Bloombergから:Fedはたぶん頑強なデフレーションに翌2ヶ月で金利を0%に引き下げることだろう。(JP Morganから)

Fedは次の2回のFOMC、12月16日と1月28日にそれぞれ50Bps引き下げるだろう。JP MorganのエコノミストMichael Feroli 氏は昨日投資家にメモを送った。企業が人材を削減し、銀行が貸し付けを削減、行き詰まる消費で急降下する価格を防ぐために中銀はゼロ金利を2009年を通して保持するだろう。

不景気に入っている生活にショックを与えただのお金を提供し始める中銀はFedはだけではなくなるだろう。そして15ヶ月のクレジット危機が深入りし価格上昇を保つ。日銀は先月ベンチマークレートを0.3%に削減した。そしてECBは過去6週間で2度の金利引き下げ後それ以上の引き下げの合図をしていた。

米消費者物価指数は先月に1%下落した。これは1947年に労働省が発表を初めてから最高の下げである。幾人かのFedの高官は景気を刺激するために金利を引き下げる意欲があることを指摘していた。(FOMC議事録から)

『ターゲットレートを0%に持って行くことはFedにとっては費用がかからなくはない。』Feroli氏は言う。公共の信頼度が下がる。『もしFedの武器が無くなったと見解が広まると』

Fedの高官は10月28日~29日のミーティングでインフレと成長率のフォーキャストを削減した。あるメンバーは、インフレはFedの目標の価格安定を下回るリスクがあると見ている。

Feroli氏は、金利を現在の1%から0%に下げても中銀の道具が消耗したわけではないという。Fedはもっと積極的にFannie MaeとFreddie Macの債権と政府特許を受けたモーゲージ金融会社の債権を購入することができる。

 

広告