Citigroupは身売り、全部、又は一部を考えている。

投稿者: whitegru3

Citigroupの株価は昨日更に26%下落し$4.71となった。今週で50%の下落。WSJによると急速な減衰が管理職に企業の過激なリストラを考慮させるようしむいた。または売り切り、この動きは一週間前には管理職には提案されていなかった。

どうやらうわさでCitiは破たんの瀬戸際に来ていると循環している。

その上、AIGのように、Citiと違って多くの好ましい資産を持っていても、買い手が見つからなかった。金融機関は資本に餓えて今ではあえて危険な賭けはしたくない。そしてプライベート・エクィティー社はレバレージな無しで目標に達成できない。そうすると銀行全体を買収する?Citiはかなり巨大な企業で、どの買収社はリスクがあると一部の買収を逆転することになる。JP Morganはもう大きすぎる。そしてCitiとの合併は長期のシステムリスクを増幅する。

WSJには、Citiは株価の下落は悪の空売りが裏にいると主張する。それは疑いの余地無く明らかである、最新の金融株暴落は財務長官Paulson の先週の声明で、TARPは不良債権を購入するためには使用しないと発表したことが引き金を引いた。それが順繰りにモーゲージ絡みの商品の急落を導いた。

金融株の空売り総額は下落傾向にある。それらはCitigroup株の下落の容疑者を売らずける信用できる要因とはならないが、

金融セクター(933企業)空売り総額(発行済み残高に対する%)

07/10/08 6.29
07/28/08 6.12
08/12/08 5.90
08/26/08 5.83
09/10/08 5.72
09/25/08 5.01
10/09/08 4.26
10/28/08 4.08
7月10日から10月28日までで空売りは35.1%下落した。おのおのの期間で買い越し、空売りの総額は$64.8Bln。

WSJ:Citigroupの重役は株価の急落を受け、会社の一部又は会社全体の売り切りに比重をかけ始めてきている。

内部での話し合いは準備の段階で、Citigroupの役員と管理職は十分な資本、資金調達、戦略方針があることを言い張っていることから後ずさりする兆しは見せていない。

Citigroupの役員は選択を話し合うために公式の会議を金曜日に開く予定となっている。その間、取締役たちは電話でその株価の急落を反転させるにはどうしたらいいか話している。

トップの重役は木曜日に、安定化の戦略をとことん話し合って解決するため会議に閉じ困った。

他の銀行の代表と一緒に、SECに今年の秋にかけた金融株空売り禁止を復帰させるようロビー活動をしている。

『監督機関がある指導権を行使し金融サービス界の保全を保護したいと思っているでしょう』

SEC所長Christopher Cox 氏は、月曜日に国際監督機関と空売りと他の事項について電話会議を開いた。声明では、『国際市場の中で規制の違いと意図しない結果を避けるために密接な協力があることが肝心である。』

特に『監督機関は空売りのポジションを公表すると同様に、空売り規制を引き締めるために可能性ある協力を調査する。』

その間に、Citigroupの重役と取締役は投資家、顧客、職員の信頼を強化するために急いでいる。役員ののメンバーは、Citigroupが投資家により透明感を築くことと、会社の帳簿を付きまとっている$数百憶のリスクの高い資産の心配を和らげることで波乱を乗り切ることができることを望んでいる。

水曜日に、一つの手段でCitigroupのリスク不透明を和らげる事を目的に、structured investment vehicles(SIV)構成された投資商品から$17.4Blnの資産を購入すると言った。SIVは複雑な商品でモーゲージ絡みのポジションで昨年に問題にぶち当たった。

近日、重役はトレーダー、ブローカー、その他の職員に顧客に手を伸ばし、Citigroupの健全さを展示する要因のリストを数え上げるように言っている。木曜日に、例として、裕福な投資家のための運用部は(wealth-management)金曜日の午後の顧客との電話会議を設定した。ブローカーは顧客と 分かち合うことを尋ねることを約束したパンフレットには現時点の財政危機をより理解できるよう手助けすると書いてある。

Citigroupの株価の下落は、重役たちに万が一の計画を配列することを始めるよう導いた。会社全体を他の銀行に売却することをよくよく考えたことに追加で、重役たちは会社の一部を売却する可能性を検討し始めている、これには Smith Barney のリーテールブロカー、グローバルクレジット・カード部門、Citigroupで一番儲かって急成長しているビジネスの取引サービス部が含まれている。

Pandit氏は、Citigroupの既存のビジネスのミックスを熱心な防衛者であり、そのような取り組みを追跡するのはいやいやである。

銀行のマネージメントを支えるために、サウジアラビアの投資家Prince Alwaleed bin Talal bin Abdulaziz Al Saud はCitigroup保有株を5%に増やすという声明にもかかわらず木曜日には株価は下落した。

 Wachoviaの大失敗がCitigroupにとって転機点になってしまった。多くの銀行が生き残るために合併している時にその契約を白紙に戻したことで他の選択には欠乏。同じ水準の貯蓄を持ってこれる Citigroupが買収できる銀行は他にほとんど無く 、銀行の不可欠

Citigroupの重役はライバル会社との合併又は売却の可能性にも比重を置いてきている。あるアナリストはモーガン・スタンレーとGoldman Sachs Group Inc.が可能性ある請願者であると指摘している。

モーガンには、Pandit氏はほとんどの職歴をそこで過ごしており、CEOのJohn Mackを含めてモーガンの重役とは連絡を取っている。しかしこの事項に関連している人は、モーガンはビッドを入れることは検討していないし、Citiとはこの件については話をしていないそうだ。

モーガンとCitiは9月に、モーガンスタンレーの株価が強い圧力を受けていた時に予備の合併の話し合いをしていた。モーガンは銀行貯金とCtiigroupが持ってくるブローカレッジビジネスほしがったが、モーガンはCitigroupと自己のビジネスと大きく重複する投資銀行を持ってくることになる。

Goldmanは同じ様な状況である。そこも一度はCitiの一部を見ている。しかし会社全体を買収することは、そして負債もついてくる。

 

 

広告