メリルの”破たんPUTs”

投稿者: whitegru3

この記事はBank of Americaによるメリルの買収がまとまらないか、大いに疑問あるなら道理が通る。それは随分離れた考えのよう思われるが、問題になっているトレーダーは、反対に低いコストで高い払い戻しの極端な出来事のタイプの賭けを取っている。これは”Black Swan”(黒の白鳥)のトレーディング・アプローチに一貫する。それから、今、私たちは極端に行き過ぎた時期に生きている。

その取引の価格のオープン・インタレストはほんのちょっぴりである。この記事はニュース事項というよりかは好奇心である。しかし、覚えておきたいのは、TreasuryのCDSも一度は好奇心として見られていた。それが今では活発に取引され、意味のあるバロメーターとして見られている。

今は、もちろんその取引は失敗しなくてもいい、オプションの最終取引日前までにただ十分に深刻に心配でメリルの株を更に引き下げるように見ている。価格の再交渉がそれをする?それはないだろう、メリルの株主はどこへも行くとこがない、しかし、契約が発表された直後にBank of Americaとの条項を改善する声が出ていた。10月1日のロイターから:『メリルの買収はまだ怪しい。』

何人かの投資家はBank of Americaのメリルを買収する契約がうまくいくとは信じられない。

メリルの株価と契約条項上のインプライド株価とのスプレッドは広がっている。それからBank of Americaは契約価格を再交渉してくるのではないかと投資家に不安を招いた。

Bank of Americaがメリルを買収することに承諾した時に、メリルの株一株に対して0.8595株と引き換えられると言われた。火曜日のBank of Amricaの株価を基にすると、それはメリルの株価を若干$28を上回る、火曜日のメリルの株価は$25.30であった。

そうすると、10.6%払いすぎとなった。交換レートを使うと、金曜日のBank of Americaの引け値が$11.47で、メリルの株主への価格が$9.86.メリルの株価は$8.34で引けている、そうなると払いすぎ額は18.2%に増えていることになる。そうすると、この契約が再取引されると考えるのも完全に気違いじみているいるとは思えない。それが株価を気絶するような、株価を2/3失い新安値を持っていく?その過程がうまく管理されればそれはないと思うが、しかし近日には何も出てきていない。

OptionMASTERから:この記事は取引日の引け前に流れていた。メリルの株価は小幅上昇で引けていた。

メリルの着実な下落傾向、本日は追加で3%下落し、トレーダーは”破たんPuts”を買っている。

MER、は11月4日に$20であった。それから2日間を除いて毎日下落し55%以上下落し現在の$8.47の水準まで来た。株価は5月には$50以上であった。年初には$60近辺で始まった。

一人のトレーダーは破たんに賭けていた。1月限2.5Putを15,000枚$0.50で買っていた。そのオープン・インタレスト8116枚うに対してである。このトレードはメリルの株価が最終日に$2以下になっていたら利益が出る。

今日のPUTsはCallsに対して2対1の割合で取引された。

メリルのインプライド・バラティリティーは過去最高に上昇し224%となった。1ヶ月前は75%まで下がっていた。ヒストリカル・ボラティリティーは最高233%から154%に下がってきている。

広告