Citigroupの救済会談は進行中

投稿者: whitegru3

相場はCitigroupの崩壊の見通しを軽視していた、それよりObamaの財務長官の任命をTimothy Geithnerにしたと言う漏れたニュースに注目した。Citigroup株は更に20%下落していた。株価は$4以下。銀行大災害発生が習慣になってきて、官僚が壊れた瀬戸物をきれいに掃除すると仮定しているようだ、そしてその請求書を同封する?1990年代にCitiが破たんしそうになった時ははらはらであった。(犯人は多額のテキサスの商業開発ジュニア・ローンであったことが明るみに出た。)

しかし、これと他の金融業者の崩壊の出来事とは大きな違いがある。株価の垂直降下に近い下落にもかかわらず、銀行の破たんは見られない。そして破たんがなければ、又はカウンターパーティーの逃亡がなければ、救済の必要がない。

しかし、Fedは銀行の必要性にひどく神経質になっている、よってアジア市場寄付き前に官僚の介入に対して賭けをするのは非常に浅はかである。

FDICのShiela Bair女史がCitiとの契約を押し進めた理由は、成功した買収社Wells Fargoによる提案より納税者にとってより悪い条件となるにもかかわらず、それが裏口の救済を提供したことになるからであった。

Sheila Bair女史は、Wachoviaに身売りを3日以内にするよう強制した。他がデュー・デリジェンス(適正評価)をするのに充分な時間がないように、彼女は一方的に、不正確にこの契約は政府の援助なしでは達成できないと世界に伝えた。彼女は一方的に、Citiが$42Bln以上失うことができないWachovia資産$312Blnプールの保証を発行する事に決意した。Wells Fargoが彼女に適正評価するのにもう少し時間が必要であると言っていたが、それでもBair女史は、決断を下した。

Wells FargoはWachoviaの買収に納税者の負担はなしということから、この契約は確かに大変悪い決断に見られる。しかし、これはShiela Bair女史がわれわれの誰よりも頭がいいと仮定している。

だから、その保障の重要性を理解する必要がある。その意義は次のようである:CitiがWachoviaの$312を所有し、そのうち$42Blnを失うことが出ると、その残りのプールの額が$270Blnの価値となる。その$270Blnは政府によって保証される。FDICは十分な信頼と信用の組織であるから。Citigroupは$270Bln(+$42Blnの保証な資産)をプールに入れ、レポできる。そしてTreasury利回りがものすごく低いので1%を大きく下回る利子払うことになる。Shiela Bair女史の決断はCitigroupへの$270Blnの資金注入と同じであった、なぜならレポ市場が政府保証ローンを現金に換えるからである。

資金注入は全体のTARPのおよそ40%にあたり、それは議会の承認なしでShiela Bair女史からCitigroupに授けられた。Paulsonにそのような一方的な権限を与える事には反抗的であるが、Shiela Bair女史はもうすでに取得して、忘れようとしている。

この救済操作の規模と本質は間接的に上の見方を確証できる。Citi が昨年ひどく厄介なSIVをまだ解決されていないように考えられる。思い出せば、Citiは唯一はるかに大きく露出していた、そしてPaulsonのTARPバージョン1.0が見られていたら、明らかに最大の恩恵を受けていたことになる。(MLECとして知られ、Master Liquidity Enhancement Conduit)

Citiは2008年2Qの末オフ・バランス・シート上で、$1.1兆があった。追加で出版された会計では$2.2兆の資産が計上されている。その時にはこれらのリスクにどう対処するかは明確ではない。Pandit氏は、バランス・シートから$400Bln削減する意向であるといった。($2.2兆の分で)、それには前SIV資産の$45Blnが含まれている。

NY Timesから:Citigroupにとって急激な株式市場の下落はどんどん信頼を半角的な危機へと発展させてきている、Citiの重役は金曜日に連邦高官と話し合いに入った。重役と官僚はいくつかの選択に重視した。それにはCEO Vikram S. Panditを入れ替えるか、会社の一部の売却である。

そのほかの選択として、政府からの公認又は、新たな金融の命綱があった。

Citigroupの株価は金曜日に下落し、68㌣下落し$3.87で引けた。Fedは他の企業と顧客がCitiからどれだけお金を引き出しているか慎重に監視している。

今までのところは、ほとんどの取引先と顧客はCitigroupに残って誓約しているようだ。

しかしCitigroupのトラブルは長期続く金融危機の新しい幕を開けている。政府高官は、9月に議会で承認された$700Bln救済資金のもう半分を要求するべきか財務省は考えているといった。

その資金のいくらがCitigroupへの資金注入使われるかは明確ではない、Citigroupは10月に政府から$25Bln受け取っている。銀行への2回目の金融援助は政治的に難しい、Washingtonでは苦しんでいる自動車業界 を跳ね除けたこともある。

『もしCitigroupの株から逃避があっても、それは不運である。しかしそれは政府の仕事ではない』 とPeter G. Peterson Foundationの取締役、前財務監督官David M. Walker氏は言う。

Walker氏は、もしCitigroupの経営が金融システムに危険が迫る恐れがあれば政府は心配すべきである。政府は株主の心配をすべきではない。

しかし何人かの重役は、Citigroupの株主を守ることは重要である。なぜなら、投資家が投資で損をすると他の銀行株も急降下させる。

WashingtonとCitigroupのなかで噂されていたその他の考えはCitigroupと他の銀行との援助された合併である。合併は、WachoviaとCitigroupの合併のために開発された設計図を元にした政府援助で構成される。

その契約は最終的には通過しなかった、Wells Fargoが高いオファーで入り込んできたからだ。しかしそれはFDICを巻き込みWachoviaの$312Blnローン損失をCitigroupと分けるはずだった。Citigroupは最初の$42Blnの損失を吸収するはずだった、そして政府が残りを吸収していたはず。FDICは$12BlnのCitigroupのワラントと優先株を代わりに受け取るはずだった。

その構成が合併に使われることができる。しかし今回は、政府がCitigroupのローンの損失を吸収することになる。しかし残りの相手の銀行がCitigroupとの合併するにのに健全であるかは明確ではない。

金曜日、Citigroup内では、何人かの怒った上級重役たちが、政府はWells FargoにWachoviaを奪い取らせることを許可したと憤怒していた。重役たちは、CitigroupとWachoviaが合併することを認めていたら今のこのもんだいは起きていなかったと論争する。

もうひとつの選択として、政府が巨額のCitigroupの資産を一網打尽に購入してしまうことである。この案はスイスがUBSに提案した契約と似ている構造である。UBSのスポークス・マンMark Arena氏は金曜日に、その配慮がUBSに最もクリーンなバランス・シート持たせるようにしたと言う。

10月にその契約の声明が発表された時に、Swiss National Bankの取締役Jean-Pierre Rothは政府は資産価値が改善するのを待つ時間があった。『UBSは時間切れだった』と言った。

広告