米国政府はTreasuryレポのフェイルと闘う。マイナス・レートに導かれるかもしれない。

投稿者: whitegru3

Bloombergから:Treasuryは強い重要のため投資家は資金をレポを通じてその証券を担保として受け取るためにほとんどゼロに等しいレートで貸し出している。ここでの問題は、このレポ市場の参加者が債券をデリバーしていない、それをしても処罰は無いためでもあり、$5兆を越えるフェイルが発生する。

今では、業界グループはこの混乱を修正する試みをしている。NY FedのEVP William Dudley氏は修正しないと米借り入れコストが上昇する原因となってしまう。Treasury Market Practices Groupはフェイルした取引に罰金を科したい、それがTreasuryを担保にローンを借りた人が効果的に2%の金利を受け取る。

『この規模の市場に認識させるにはこれは並外れたことで、米国レポ市場にとって重大である。』とTullett Prebon PlcのエコノミストLena Komileva女史は言う。

『より多くの長続きしたフェイルはTreasury市場を中断させ、流動性と能率をより削減する。』とDudley氏は11月12日のインタビュウーに答えた。『長期に渡り、これは低いコストで米Treasuryの能力で資金調達するのにマイナスの結果となる。流動性の削減はTreasury市場がたの証券のヘッジポジションに使われるため他の市場にも影響する。』

レポ契約では、一方が資金を他方から証券を受け取る代わりに用意する。その逆も。

9月中旬のLehman Brothers破たん以来、トレーダー、ディーラー、投資家はTreasuryを取得するために資金をほとんどゼロ利子で貸しだすことに前向きである。

レポ取引はその証券を取得することが難しくなると未完成となる。またはそれらを取得するコストが高すぎても。フェイルは通常契約の破棄としてはみなされない。そして参加者は通常デリバリーの予定を改めてする。

マイナス・レート・レポは基本的にいくぶんか直感ではわかる物ではない、金融業社は現金だけを貸し出すわけではなく、借用者に現金を受け取るように支払う。』Securities Industry and Financial Markets Associationの取締役 Robert Toomeyは言う。『借用者は何かを持っている。この場合、特に借り手がほしい証券で、基本的に特定の証券取得にプリミアムを支払うことになる。』

マイナスレポ・レートは以前にも起きた。日銀がゼロ金利政策を受け入れた1990年代で、デフレと長期化する銀行業界危機がJGBにその減少の引き金を引いた。2003年に米国でもゼロ以下のレートが浮上した。Fedがレートを1%に下げトレーダーは1ヶ月間に1%以上利回りが上昇した後10年債に対しての賭けをカバーに走った。

『Treasuryカーブのあるセクターは、短期債、マイナスレポ・レートの実現はかなりの刺激を与える。』 Credit Suisseの金利ストラテジスト Ira Jersey氏は言う。『利回りはまだ下落する余地がある。短期債が長期債をしのぐ。』

広告