それらの配当にはおさらばをしたら、

投稿者: whitegru3

株は割安だ、などと、なぜならS&Pの配当がTreasuryの利回りより高いと主張している人がいる。

それは配当が現在の水準に止まる又は増加すると仮定してである。配当は削減されている、それとひどい収益から全く収益なしになりそうだ。総計で、配当金支払いが継続して縮小していくだろうと推測するのは妥当であろう。現在、削減は金融業界に集中している。(お金がないのにどうして配当が払える?そして財務省とFedに助けを求められるのに。)しかし、実質経済が低迷の影響がもっと浸透して来ると、それらの企業は配当を削減する事で現金を節約する圧力を感じるだろう。

Bloombergから:株式配当は50年間で最高の早さで消え去っている、悪化するリセッションが米企業に強制的に現金を節約させる。

Citigroup Inc.、Genworth Financial Inc、New York Timesは今月配当金支払いを停止又は一時停止している米最大の取引上で上場している91企業を先導している。それは1958年5月以来最高でその時は113企業が配当を削減した。(S&Pのデータから)

景気改善が見られるまでは広範囲に渡り経済のおおくの部門での配当は危険にさらされているいると見るべきであろう。特に金融企業で、』Invesco Aim Advisors Inc.のストラテジスト Fritz Meyer氏は言う。

金融企業は今月11月24日まででS&P500社の配当削減又は停止した8社の内6社を占めた。

株価の下落はS&P500社に取って配当利回りを過去15年間で最高の水準に引き上げている。週足で3.8%の利回りは30年Treasury Bondの3.6%の利回りを上回る。

オプション価格、収益成長、業界トレンドは、83社が増配すると暗示する。(Bloombergのデータから)3M Co., Eli Lilly & Co., Coca Cola Co.はおのおの3.1%以上の利回りで過去25年間で配当金を増やしており、その可能性は高い。

『企業は資本を節約しなければいけないと感じさせられている。』PNC Wealth Managementの投資ストラテジストBill Stone氏は言う。『もし多額の資本を調達して節約しているなら、それを配当に回して支払うと言うことは道理が通らない。』

広告