ハーバード、その他の大手寄付基金はプライベート・エクイティーの所有権を多額の損失で売却している。

投稿者: whitegru3

1年前に、大手寄付基金であるYale,ハーバード、プリンストンはあかぬけた民間の投資家として見られており、通常年率利回り20%以上をを上げていた。今ではそれらが多額のプライベート・エクイティーの所有を投げ捨てている。それも落ち込んだ価格である。なんで?

その理由は変わっているのは、このような悪い相場で一番したくないことは、流動性のない資産を売ることである。たとえ、状況が良い時でも、流動性のない資産には割引価格で取引される。(今のベンチ・マークが何であるかわからないが、随分昔には、私募の評価の割引は登録されていない証券は20%~40%。しかし現在の証券業界の環境はそれほど悪くないかもしれない)。芸術を考えてみると、悪い環境化では、トップのアーティストは被害をいちばん受けにくい、2番手はほとんど売れなくなる、同じようにその他の美術品と遺産宝石にも起こる。

それで、何が理由で多くの寄付基金がプライベート・エクイティーを売却したがっているのか、それは昨年の8月にレバレージ・ローン市場が凍結してからすぐの事で頭を使わなくてても簡単にわかる。そして投資銀行に多額の在庫を残した。それでプライベート・エクイティ業界は下降を維持した。投資銀行でつなぎ融資をしていたところは企業を崩壊するストラテジーとなり、泡だった相場の明らかな兆候であった。(この動向が最後に見られたのは約1989年ごろで、独立したプレーヤーであった巨大投資銀行First Bostonをを取り除いた。)大手プライベート・エクイティー社は2006年にとんでもない額の取引を成し遂げた。そして評価は高め。一般的な認識プライベート・エクイティー戦略の出口は公募であるが、ひとつのプライベート・エクイティー社が他のプライベート・エクイティー社の経営を買収、時には会社全体が取引される。重要な買い手が失われた、それにより出口が制限され、総合で価格を下げる。

そしてプライベート・エクイティー契約とプライベート・エクイティー評価に強力な相乗効果がある。そして、2006年初期から2007年にプライベート・エクイティー社は前例のない大手企業に競売していた。そして十分な活動があり一般の株式評価を増進させる事に提供していた。1987年クラッシュの1ヶ月前に、ひとつの大手Wall Street企業が、M&A(合併&買収)活動を前年の平均の75%増加に貢献していた。その時期には、金融バイヤー(LBOファンドとも呼ばれる)はもっと戦略的バイヤーより活発的であった。

面白いことに、誰も同じような分析を2006年に試みてはいない。しかし、もちろん、売り手側の分析は前任者と比べて分析には興味なく、売り込んできている。

それは長く遠回りにした言い方で偏見を持った見方で言うと、M&Aのベアー市場は長く続くみにくい傾向にあると言うことである。そして、その時期には契約価格は急落する。もしポジションを軽くする必要があった思ったら、それは1年前であった。その時でさえ随分ヘア・カットを取られていたことだろう、しかしもっと今より良い評価からである。

しかしこれらの寄付基金のいくつかは1980年代のLBOファンドだった?疑わしい。KKRは公的年金ファンドを開拓するのに貢献した、しかしほとんどの部分で、第1世代のLBO企業は機関投資家の資金は引き付けなかった。覚えておきたいのは、彼らは乗っ取り屋で敵対買収をした。現在ではもっと大物的である。

Bloombergから:最裕福な米国大学によるプライベート・エクイティーの所有を落とすことが理由で市場に洪水を起こしている。世界でも最も知名の高い買収企業会社の価格を引き下げている。

ハーバード大学が率いる投資家、ここは米最大の寄付基金$36.9Blnを運用している、来年にはプライベート・エクイティーファンドの流通市場での売却を$100以上に増加するかもしれない。手のつけようもない有効な資金のプールによる。KKRとTerra Firma Capital Partnersによって運用されているファンドの所有権は少なくとも50%のディスカウント価格で取り引きされている。

AIGと破たんしたLehman Brothersのような麻痺した金融会社は、NYのコロンビア大学、ノースキャロライナ州のDuke University、金欠病にかかっている寄付基金に参加しプライベートエクイティーの投資をしようと試みている。

『需給の大きな不均衡がある。』とPaul Capital PartnersのDavid De Weese氏は言う。来年には全世界の$1.2兆プライベートエクイティー市場の最高10%が流通市場で取り引きが交わされる。これは平均取引高のおよそ1%から上昇となる。

ハーバード大学の高官はレバレージ・バイアウト・ファンドに所有している合資会社の所有$1.5Blnを売却する話会いをしている。それにはボストンベースのBain Capitalによって運用されているひとつも含む。ハーバードと他の寄付基金は今年の悪い実績に苦しんで、この先のプライベート・エクイティーが3Qの評価を発表するときにの評価損計上が待っている。

Blackstone Group、ここの$21.7Bln買収ファンドは業界最大で、その所有価値を3Qに7.5%の評価損計上したと先月発表していた。

広告