Bill Grossは、株はそんなに安くないと言っている。

投稿者: whitegru3

株を底値買いでする人によって出された議論の一つで、株式はただ売れれすぎだけでなく(直近のトレーディング出来高、異なった移動平均線が繁栄するテクニカル的概念から)、価格のファンダメンタルズ概念からしても安いと言うことである。

私たちたちは、米国経済が20年間のレバレージの成長を続けていることからの長期間評価の概念にやや疑い深くなっていた。それに1990年中旬に急上昇している借金高、そしてさらに2004年には徐々に増えている。1996年後の時期に(調度Greenspanの就任から、そして有名な”irrational exuberance” (非合理的活況)のコメント))以前の通常の評価から脱線を見せる。(そしてそれが更に追求してバブル時期の調整又は切除が規範に大きな影響を及ぼしたことだろう。)

picture-381

Gross氏は、株価の見通しの中でレバレージに対してレバレージのはずしの役割に注目し同じように政府の介入も。Gross氏は、それらの2つの要因は株価は安くないという結論に達する。彼は最初によく知られているQレシオの計測を見る、それは株はお買い得と指摘されている、そしてP/Eレシオ、それは過去100年間の平均値をやや下回る程度である。

彼の月次書状からの主要点引用:

私たちは、われわれがすでに知っている所とすでに慣れている所にはもう戻らない。それはニュートンとアインシュタインを比べているようなもので:どちらも正しいが、彼らの法則は全体的に異なった領域を制する。私たちは今、政府の支配が目に見えない手段に置き換えられいる世界に変わりつつある、そこでは規制がワイルド・ウェストの資本主義に切り札を出して勝つ。そしてそこでは企業収益はもうすでにレバレージ、安い融資、と他人の金を使って取引をする愚かな機能をしていない。

企業収益はいくつかの傾向が逆進するように見え少なくとも過去数10年間前向きに影響されてきた。レバレージとギアリング・レシオ(自己資本と他人資本の比率)-社債を発行することで収益を上げる能力-は下がってきている、上がってはいない。追加で、安い融資の入手-政府小切手の不在-はもう戻ってこないだろう。

Gross氏は、この最終の景気好転で前例のないGDPの成長部分が、労働者とは対照的に企業収益に行っていることは述べていない。労働者は交渉力がない、そして企業は名目上で健全な経済で人員を削減できるだけの細身で走っている。

最近のグローバリゼーションの健全な成長率は今では成長が妨げられている。投資家はここ数年の成長をサポートしてきた自由貿易の考え方で取引をするべきではない。

精気、とそれらと一緒にリスクを取ることの企業家力動説は減益などをもたらす打撃を経験をした。法則は変えられるそしてホルモン水準は引き下げられる。

政府の慈悲深い圧制は急を要し、避けられないが、代償を払ってしまう、収益と1株あたりの成長率が被害を受ける。

私の継代性株式市場見通しはこうである:資金提供ベースの経済がレバレージ、安い融資、そして低い企業税率によって支配されている背景内で評価される時に株価は安い。その世界は、もう過去で未来ではない。より多くの規制、低いレバレージ、高い税金、そして企業家テストロン不足に慣れていかなければいけない。-それと治療を許可する政府の小切手帳、しかし民間のセクターを場違いに群がらせそしてより低い生産性の片隅に追い込む。DOW5000?もし現在の国内とグローバル方針が資産価格をサポートし終局の金融機関の再資本化することに注目するればそこまで行かなくてもいい。しかし14000も無理がある。銀行資本の20%が米政府によって所有されているを理解し、同じような比率の収益がその方向に流れる。

1980年に、金融株はS&P500収益のわずか8%に対して、株式市場のピークは40%であった。金融サービス業界は経済がレバレージをはずしていくにつれ収縮していく。それらの収益にいくらかはもう戻ってこない。

広告